それ違う! みんなが誤解してる料理の習慣14選

    オリーブオイルは万能じゃない。

    料理は難しいが、学びに失敗はつきものだ。そして長い目で見れば失敗は必ずあなたのためになる。

    14のよくある料理の間違いと、その解決法を紹介する。

    1. 塩には味をはっきりさせる役割だってあるんだ。

    Food Network Asia / Via youtube.com

    レストランの料理が家庭料理よりも美味しいことがある。その主な理由が塩の量だ。味をはっきりさせるために十分な塩を入れる必要があるが、しょっぱくなるほど入れてはいけない。

    ちょうどいい加減を学ぶのは難しいが、作りながら味見をして焦らずやれば問題ない。

    2. 酸味にもね。

    Vinicef / Getty Images

    塩と同じように酸味も味をはっきりさせて料理をおいしくするのに役立つ。特にコクのあるもの(バターソースなど)には、レモン汁を一絞り加えたり、お酢を少々加えたりすることで味が格段に良くなる。

    料理に塩を加えたのに味が感じられない場合は、酸味を少々加えてみてほしい。

    3. 調理器具にだって必要な準備はあるよ。

    youtube.com

    レストランの料理がおいしいもう1つの理由は火力がずっと強い場合が多いことだ。ステーキをよりこんがりと焼くことができ、チャーハンも香ばしくなる。

    家庭でその強い火力を真似するには、ステーキの場合だと鉄製のフライパンを30分温めることをシェフのGrant Achatzさんは推奨している。だが5分だけ温めるだけでも大きな違いがあり、美味しそうなしっかりとした焦げ目をつけることができる。(テフロン加工フライパンのように加熱しすぎてはいけないものもあるので注意すること)。

    4. 焦らない!ここは我慢!

    Bgton / Getty Images

    動かしたりひっくり返したり突っついたりしたくなるが、今必要なのは我慢だ!こんがりとしたキツネ色は料理においしさをもたらす。食材を常に動かしていると焦げ目がつかず、風味が足りなくなる。

    何もせずじっと我慢して、食材に十分な焦げ目がつくのを待とう。

    5. そんな狭いスペースに肉を追いやっちゃダメさ。

    Arijuhani / Getty Images

    食材を動かしすぎるのと同じように、フライパンに食材を入れすぎてもおいしそうなキツネ色がつかなくなる。フライパンの中で食材に十分なスペースを与えること。

    小さなフライパンに食材を詰め込んではいけない。これはステーキ、鶏肉、魚などのタンパク質の場合は特に大切なことだ。これらは焦げ目がつくことでずっとおいしくなる(焦げ目のないステーキを食べたい人などいない)。

    6. オリーブオイルは万能? そんなことはない!

    youtube.com

    初心者の多くがオリーブオイルは何にでも使えると思っているがそれは明らかな間違いだ。オリーブオイルの煙点は低く、加熱しすぎると燃えて煙を出し始める。

    危険なだけでなく料理の味も悪くなる。強火での炒め物など、高温での調理の場合はキャノーラ油など煙点の高い油を選ぶこと。そうすれば燃えないし、味が悪くなることもない。

    7. クリーミーな米なんて食べたくないでしょ?

    Paylessimages / Getty Images

    リゾットがとてもクリーミーなのは常にかき混ぜているからだ。でも普通のご飯をクリーミーにはしたくないだろう。

    かき混ぜることでデンプンが活性化され、米はふわふわではなく粘り気が出る。だからじっと我慢して放っておこう!

    8. どんな時もダブルチェックを怠らない。

    Nirad / Getty Images

    間違った温度で焼くことで料理が台無しになってしまうことはほとんどの人が知っているが、オーブンによっては実際に適切な温度で焼けないことを知っていただろうか? 特に古いモデルがそうだ。

    自分のオーブンの温度を確かめるためにオーブン温度計を買ってダブルチェックしよう。そうすれば、確実に食材が上手に焼けるだろう。

    9. 念には念を。下ごしらえを済ませておくのがベストだ。

    Instagram: @j_collette

    Mise en placeとは、シェフが料理前にすべての準備を整えるのに使うしゃれた言葉だ。家庭ではすべての準備を確実に整えることで失敗を避けることができ、より時間を確保できる。

    また料理の途中で必要なものがないことに気づくなんてこともなくなるだろう。

    10. 料理にはベストマッチな肉が必ず存在する。

    Getty Images

    ステーキは種類もサイズも様々だ。それぞれ違う調理技術が必要となる。例えば豚ヒレ肉は薄くてすぐに火が通るのに対して、豚肩肉は長時間ゆっくりと調理してやわらかくする必要がある。

    レシピに具体的に部位が書かれていたら、それを必ず使うこと。

    11. より良い焦げ目のためには努力を惜しまない。

    youtube.com

    タンパク質(鶏肉、ステーキ、豆腐など)を調理する時には、水気を取り除いてから使うこと。それによりおいしそうな焦げ目がつき油がはねるのを防ぐこともできる(高温の油と水分は混ざらないため)。

    12. あー!またニンニクを焦がして...

    Real Simple / Via youtube.com

    真っ黒焦げになったニンニクは最悪だ。まずいし、料理が苦くなる。そうならないようにニンニクを早く入れすぎないようにして、フライパンが高温になりすぎていないか確認すること。

    高温のフライパンでは、みじん切りにしたニンニクはあっという間に焦げてしまう。温度を管理して、どのくらいの時間ニンニクに火を通すかに気を配ることが大切だ。普通は1分では長いくらいだ。

    13. テフロン加工のフライパンは魔法の道具じゃない。

    Konstik / Getty Images

    テフロン加工のフライパンはすべての料理に最適というわけではない。鋳鉄製のフライパンのように高温まで加熱することができないし、熱の伝わり方も常に均等ではない。

    テフロン加工のフライパンはオムレツやスクランブルエッグを作るのに使い、高温調理には重いフライパンを使おう

    14. 計量カップには2種類存在するって知ってた?

    Getty Images

    計量カップには2種類ある。液体用と乾物用だ。上の写真のような液体用は油、水、その他の液体を測るのに使う。乾物用はそれ以外のものを測るのに使う。

    乾物用計量カップはカップの縁まで入れるようにデザインされているが、液体用は縁の下に線があり、液体がこぼれないようになっている。わずかな違いかもしれないが、レシピでは大きな違いとなることがある。

    さあ、準備ができたところで料理をしよう!

    Disney/Pixar

    この記事は英語から翻訳されました。