【サクッと英文記事】100年前と今で驚くほど違う身近な14のもの

    BuzzFeed の海外記事を英語と日本語でお届け!なんでバイブが泡立て器みたいな形をしてるの?なんで スモックで泳いでたの?(英文の下に翻訳文あり)advertise:宣伝する dazzle camouflage:目くらまし作戦 breakage:破損

    1. Dogs

    Etsy
    dmitry_7 / Getty

    Pugs had relatively long noses in the early 1900s, but since then they, French bulldogs, and similar breeds have been selectively bred to have very short muzzles, short legs, and squat torsos, to the extent that quite a lot of them suffer from breathing difficulties. Lots of other dog breeds look totally different now too: You can see a full list here.

    訳:犬

    1900年代初めのパグはちょっと鼻が長かったのですが、パグやフレンチブルドッグなど似た犬種を交配し、鼻と足は短く、胴体がずんぐりとした体型になりました。このような体型変化の結果、多くのパグが呼吸困難を起こすようにもなったのです。他にも姿の変わった犬は多くいます。一覧はこちらから。

    2. Cameras

    en.wikipedia.org / Creative Commons
    Columbia University / Giphy

    The mammoth camera above was built in 1900 by American commercial photographer George R. Lawrence to take a photo of an equally large train, and weighed 1,400lbs. The second camera is a wafer-thin, flexible sheet camera developed by the engineering department of Columbia University in 2016. It could definitely take a photo of a whole train.

    訳:カメラ

    画像の超巨大カメラは1900年、アメリカの商業写真家ジョージ・R・ローレンスが大型の列車を撮影するためにつくったもので、重量はなんと約635kg。その隣は極薄の曲がるシート状カメラで、コロンビア大学工学部が2016年に開発したもの。列車全体を写真に収めることもできます。

    3. Porn

    eBay
    Etsy

    It's a common misconception that people were strait-laced 100 years ago. Almost as soon as cameras were invented, people started taking strange nude photos like this and selling them as postcards (discreetly, of course). Many showed penetrative intercourse as well. You certainly wouldn't want to accidentally post any of them to your mum.

    訳:ポルノ

    100年前の人々は堅苦しかった、というのはよくある勘違い。カメラの発明とほぼ時を同じくして、このようなおかしなヌード写真が、ポストカードとして販売されるようになったのです(もちろん秘密で)。中には本番行為を収めた写真もありました。間違えてSNSに投稿して母親に見られるのだけは避けたいですね。

    4. Swimsuits

    Etsy: NiepceGallery

    Yes, these really are swimsuits. Victorian and Edwardian women wore long, heavy woollen dresses with capped sleeves to swim in, as well as bloomers and stockings. In contrast, the other photo is a 2017 solar-powered bikini by New York designer Andrew Schneider, which can charge your iPhone once you're done sunbathing. Handy.

    訳:水着

    何を隠そうこれは水着です。ビクトリア朝時代とエドワード朝時代の女性はキャップスリーブ付きの長く分厚いウール製の服、さらにブルマーやストッキングを身につけて水泳をしていました。もう一方の写真は2017年、ニューヨークのアンドリュー・シュナイダーがデザインしたソーラーパネル付きビキニです。これは日光浴をしながらiPhoneの充電ができるというすぐれもの。

    5. Vibrators

    en.wikipedia.org / Creative Commons
    Amazon / Lelo

    Early vibrators like this hand-cranked model were widely touted as a health aid to help cure "female hysteria", as well as suspected cases of "wandering wombs". Some were also advertised as face massagers to improve your skin. Today's high-tech vibes (like the Lelo Tiani couples vibrator pictured) are rechargeable, so you won't get a sore wrist.

    訳:バイブレーター

    初期のバイブレーターは左の写真のような手回し式で、健康器具「女性のヒステリー」や「子宮のずれ」に効くと広く宣伝されていました。中には、肌をきれいにするフェイスマッサージャーを謳ったものも。現代のハイテクバイブレーター(画像のLelo Tianiなど)は充電式で、手首が痛くなることはありません。

    6. Vacuum cleaners

    wiki.bsh-group.com / Creative Commons
    Philips

    On the left is the Siemens Dedusting Pump, invented in 1906. It sat on a large trolley that needed to be pushed around a room by a maid, weighed 300 kilos, and had a noisy, 1-horsepower petrol motor. On the right is a 2017 Philips intelligent robot vacuum cleaner, which pushes itself, and you don't have to pay it a wage.

    訳:掃除機

    左は1906年に発明されたシーメンスごみ取りポンプ。本体は台車に乗せられていて、メイドさんが押して部屋の中を移動させていました。なんと300kgも重量があり、1馬力のガソリンエンジンを搭載。音もうるさかったようです。右側は2017年のフィリップス製ロボット掃除機。自動で動くので、メイドさんを雇う必要もありません。

    7. Cruise ships

    royalcaribbean.com

    This photo shows the gigantic 2016 MS Allure of the Seas next to the Titanic, which was the largest ship ever made when it set sail in 1912. The Titanic had a maximum capacity of 2,435; Allure can take 6,296 and has a theatre with 1,380 seats, a dance hall, swimming pools, an ice rink, seven distinct "neighbourhoods", and a Starbucks. Oh, and it didn't immediately sink: bonus.

    訳:クルーズ船

    画像は2016年の巨大客船アリュール・オブ・ザ・シーズと、1912年の出港時点で世界最大の船だったタイタニック号。タイタニック号の乗員は最大2435人。対するアリュールは最大6296人。1380人収容の劇場やダンスホール、プール、スケートリンク、さらにはスターバックスまであります。アリュールは出港してすぐ沈むことはありません。

    8. Motorcycles

    Honda

    The Butler Petrol Motorcycle (the first recorded use of that term) was built in the late 1800s by the Merryweather Fire Engine Company in the UK. It had a petrol engine and three wheels. The legal speed limit at the time was just 2 mph in cities, and 4 mph in the countryside. The bike on the right is a 2017 robotic, self-driving motorcycle from Honda. Truly, we are living in the future.

    訳:バイク

    画像はバトラー・ガソリン・モーターサイクル(記録上初めてmotorcycleという語が使われた例)。1800年代後期にイギリスのメリーウェザー・ファイア・エンジン・カンパニーが製造したもので、ガソリンエンジンと3つのタイヤを備えています。当時の法定速度は都市部で時速約3.2km、田舎では時速約6.4kmでした。右側の画像はホンダが開発した自動運転バイク。未来に生きているって感じですね。

    9. Planes

    Flickr: tom-margie / Creative Commons

    Early attempts at flight can be summed up as "just put more wings on and hope for the best" as with this Phillips Multiplane. The first successful flight by the Wright Brothers took place in a plane with just two wings, which was the correct number. The other pic shows a modern jet breaking the sound barrier, which this multiplane definitely couldn't do.

    訳:飛行機

    初期の飛行機開発は、一言で言えば「翼をたくさんつけて落ちないよう神頼み」というものでした。左側の画像のフィリップス・マルチプレーンの飛行機もその一例です。初めて空を飛んだライト兄弟の飛行機にはたった2枚の翼しかありません。これが正解だったんですね。右の画像は音速以上での飛行が可能になった現代の飛行機。翼がたくさんあってもこれは無理でしょう。

    10. Camouflage

    commons.wikimedia.org / Creative Commons
    marines.mil / Creative Commons

    Camouflage was in its earliest stages during the first world war, and it was pretty basic. This black and white striped version was known as "dazzle" camouflage, designed to make soldiers harder to target rather than hiding them completely. The camouflage we're more familiar with today (countershading, pictured right) didn't really take off until World War II.

    訳:迷彩

    第一次世界大戦時の迷彩はかなり素朴な。白と黒のストライプ模様の迷彩は「ダズル」迷彩と呼ばれ、姿を完全に隠すというよりは狙いを定めにくくするために作られました。私たちになじみのある現代の迷彩(カウンターシェイディング、右側)は、第二次世界大戦時にようやく現れました。

    11. Phone towers

    en.wikipedia.org / Creative Commons
    pxhere.com / Creative Commons

    Remember life before wireless technology? No? Well this is what it looked like. The Old Stockholm Telephone Tower had 5,500 phone wires coming out of it leading to various homes and businesses, and it blocked out the sun. It's a far cry from today's dainty mobile phone masts.

    訳:電話塔

    ケータイが普及する前のことを、覚えていますか? ストックホルムの電話塔からは5500本の電話線が多くの家庭やオフィスへと伸び、太陽の光を遮るほどでした。今のスリムな携帯の電波塔からは想像もつきませんね。

    12. Strollers

    eBay
    Aston Martin

    The very first stroller was invented in 1772 by William Kent. Before that, children were transported in slings or strapped to a cradleboard and carried. Strollers quickly became increasingly ornate, like this wicker model from 1899. They were definitely status symbols, much like the 2017 Aston Martin one (right) that retails for around $3,000.

    訳:ベビーカー

    ベビーカーは1772年、ウィリアム・ケントによって発明されました。それまでは、子どもは布で吊り下げるかクレイドルボードを使って運んでいました。発明後まもなく、ベビーカーには装飾がつけられるようになっていきます。画像は1899年の編みかごベビーカー。ベビーカーは地位を象徴するものだったのです。右側の画像は2017年アストンマーチン製ベビーカー。小売価格は3000ドル!今も昔もベビーカーは地位を象徴するものなんですね。

    13. Wristwatches

    eBay
    OLED

    The earliest wristwatches (like the early 1900s trench watch pictured above) were created for soldiers fighting in the first world war. They had only a small area of glass, to avoid breakage, and the numbers were painted on the surrounding metal. The "watch" on the right is a FlexEnable OLED wearable smart device developed in 2016. Ooh.

    訳:腕時計

    腕時計(画像の1900年代初めのトレンチウォッチなど)はもともと、第一次世界大戦の前線で戦う兵士達のために発明されました。割れるのを防ぐためにガラス部分の面積を最小限にし、文字盤の数字は周囲の金属部分に描いてあります。右側の「腕時計」はFlexEnable OLEDの水洗い可能なスマートデバイスで、2016年に開発されました。う~ん。

    14. People

    Etsy
    Etsy

    Dogs aren't the only living things that have changed substantially in 100 years. Advances in various fields (including nutrition and medicine) mean modern men are, on average, 11cm taller than their Victorian counterparts. Everyone's feet were much tinier too, and the average waist size for an uncorseted 1917 woman was just 20 inches. We're evolving, people!

    訳:人々

    100年で大きく変わった生物は犬だけではありません。様々な分野(栄養や医療)が進歩したため、ビクトリア朝時代と比べて現代人の身長は平均で11cmも高くなりました。足のサイズもかなり大きくなっています。ちなみにコルセットをつけていなかった1917年の女性の平均ウエストサイズはわずか50.8cm。人間も進化しているんですね!

    MGM / Giphy

    この記事は英語から翻訳・編集しました。