• covid19jp badge

ダイヤモンド・プリンセスの喧騒から5カ月。「コロナ禍の東京」を撮り続けたある写真家の記録

激動の日々を、私たちは未来でどう思い出すだろうか。

2020年の日本、そして世界を襲った新型コロナウイルス。街から人が消え、多くの人が生活の変化を強いられた。

7月20日発売の写真集『東京、コロナ禍。』(撮影:初沢亜利)は、新型コロナに揺れる東京を克明に追い続けた4ヶ月の記録だ。

ページを繰ると、ほんの数カ月前のことなのにずいぶん昔に思える自分に気づく。私たちは、この激動の数カ月を未来でどう思い出すだろうか。

収録写真の一部を、写真の背景や初沢のコメントを交えて紹介する。

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

2月19日、横浜。「ダイヤモンド・プリンセス」号の乗客のうち、ウイルス検査で陰性だった443人が下船を開始した。

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

3月29日、日曜日の上野恩賜公園。春が近づくなかで雪が降った。毎年花見シーズンには多くの人で賑わうが、今年は立入禁止のロープが貼られている。

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

緊急事態宣言の3日後、4月10日の浅草の立ち飲み屋。

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

4月11日、高輪ゲートウェイ駅。49年ぶりの山手線の新駅として3月14日に開業した。本来であれば華々しいデビューだったことだろう。

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

4月21日、上野のパチンコ店。多くの店が休業するなか、「パチンコ店だけは開いている」「人が集まり危険だ」とネット上やメディアでバッシングの対象となった。

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

御徒町の大型量販店。会計時の会話で飛沫が飛ぶのを防ぐため、多くの小売店でレジ前にビニールカーテンやアクリル板を設置するのが当たり前になった。新たな日常になっていくのだろうか。

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

4月22日、台東区の永寿総合病院。いち早く新型コロナ患者を受け入れていた同院は、大規模な院内感染が発生。多くの患者、医療従事者が感染し、7月1日までに患者43人が死亡した。看護師の一人は「泣きながら防護服を着るスタッフもいました。防護服の背中に名前を書いてあげながら、仲間を戦地に送り出しているような気持ちになりました」と手記を残している

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

中野の不二家の店頭。「10万円が給付されることのない労働者」(初沢)

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

砂町銀座商店街。マスク不足が長期化する中、仕入元不明のマスクが道端で高値で販売されるようになった。

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

5月7日、新宿。臨時休業中のパチンコ店の前で座り込む男性。

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

5月9日、赤坂。営業自粛に抗議して深夜まで店を開き続けるバー。

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

5月11日、品川の東京出入国在留管理局。「狭い部屋に閉じ込められ密集して暮らす外国人に、マスクは配られていなかった」(初沢)

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

5月12日、目黒一丁目。多くのタクシーが出庫できずに停まっている。

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

高円寺駅南口に集まるUber Eatsの配達員たち。外食が気軽にできなくなった代わりに、テイクアウトやデリバリーを選ぶ人が激増した。

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

5月15日、国会前。検察庁法改正案に反対するサイレントデモが行なわれた。この数日前から、Twitterを中心に「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグで抗議が広がり、大きなムーブメントに。参加者は距離を取り、密集しないよう気をつけていることがわかる。

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

5月25日、表参道。緊急事態宣言解除前日の公園。幼稚園や小学校が休園・休校になり、子どもたちが公園に集まって遊ばないよう、多くの公園で遊具の使用が制限された。

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

「池袋東口で見かけた最も密な場所」(初沢)

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

5月29日。医療従事者への敬意と感謝を示すため、ブルーインパルスが東京上空を飛行した。

『東京、コロナ禍。』(柏書房)

感染拡大への警戒を呼びかける「東京アラート」。6月2日から11日までにかけて発動し、赤くライトアップされた。その後も感染者数は増大傾向だが、アラートは発動されていない。

柏書房

『東京、コロナ禍。』(撮影:初沢亜利)