• covid19jp badge

新型コロナが感染拡大するイタリアで、ある日本人ソプラノ歌手に起きた“奇跡”。

こんなこともあるんだな〜!

新型コロナウイルスの感染拡大で、外出や娯楽が厳しく制限されているイタリア。現地に住む日本人ソプラノ歌手の女性に起きたある“奇跡”が話題を呼んでいます。

提供写真

ソプラノ歌手、原あいらさん

ソプラノ歌手の原あいらさんは、2019年11月からイタリア・マントヴァを拠点に活動しています。

新型コロナウイルスの影響で、直近の演奏会などはもちろん中止。仕事どころか、外出もままならない状況です。

提供写真

そんなイタリア国内で度々おこなわれているのが、時間を決めて各自の家のベランダで歌ったり演奏したりするフラッシュモブ。大変なときも明るさを失わないのがなんともイタリアらしいですね🇮🇹

Meanwhile in Napoli, Italy 🇮🇹😄 #GrandeItalia #ForzaItalia #VaffanculoCoronaVirus 👊🏼

ナポリの街。「#forzaitalia」(頑張れイタリア)のハッシュタグでいろいろ見ることができます

窓の外から聞こえてきた歌声

ある日、自宅で過ごす原さんの耳に入ってきた女性の歌声。

「この近くに歌をやっている人がいるんだ!」

大家さんに訪ねたところ、すぐ近くに住んでいるプロのオペラ歌手と判明。

原さん自身はまったく面識はなかったそうですが、マントヴァに長く住む友人に「誰か知っている?」と聞いたところ、なんと偶然にも友人だったそう。過去に共演したこともある、同じ音楽院の卒業生だったのです。

彼女のFacebookをフォローし、自らも窓辺で歌声を披露した原さん。そうしたら翌日、こんなメッセージが届きました!

「こんにちは、あいら! 今日窓から歌っていたのはあなたですか? よければ窓越しにデュエットしませんか?」

き、奇跡が…!今日、イタリアの窓から私もオペラを歌ったら、昨日歌っていた劇場歌手の人から連絡が来て(前にツイートに書いた人です)、明日、窓越しにフィガロのデュエットすることになりました…!

手元に楽譜がないのでスマホでチェックすることに! ドキドキ……。

その人のことは私の大家さんも知ってて、音楽院の卒業生で共通の知り合いもいる人でした💦 ビデオとか録音とか撮りたいけど、楽譜が手元にないからスマホでデータ楽譜見るので撮影できるんだろうか。 うまく撮れたらまた載せます。

そして、無事デュエットが実現✨ 2人で美しい歌声を響かせています。

デュエットの動画です🥺✨ 音楽家にできることはほんの小さな事かもしれませんが、少しでも何かできたら、なんとか乗り越えていけるよう、心から祈っています。。🇮🇹🤝🇯🇵 🌎❤️❤️ #forzaitalia #頑張れイタリア

歌い終わると、ベランダのお客様たちから拍手が! 原さんによると、「歌い始めるとだんだんお部屋から出てきてくれる」そう。素敵ですね……!

映画のような展開はまさに奇跡。

原さんのTwitterには「イタリアらしい素敵な展開」「鳥肌立って涙が…心震えました」「早く終息することを願っています」「早く舞台の上で歌えますように」などあたたかいメッセージが寄せられています。

「日本の皆さんも、今は大変かと思いますが、少しでも状況が良くなるように、一緒に乗り越えていきたいと思います。

私も、微力ながら歌をうたって、自分のできる限りの応援を続けていきます!」