保育園から「男の子の服を着せて」との注意 かわいい物好きの息子と親のその後

    いまだに保育施設や学校に存在する、性別に基づいた規定。息子の服装について、保育園の先生に注意されたある親の投稿が、Twitter上で話題を呼んでいます。

    「男の子/ 女の子らしい」服装のルールって必要?

    Yusuke Murata / Getty Images

    性別に基づいた制服や服装規定は、いまだに多くの保育施設や学校に存在します。中には、ルールを明文化していない施設もあります。

    なぜ、男の子は「男の子らしい」服装、女の子は「女の子らしい」服装をしなくてはいけないのか?そんな疑問をTwitter上に投げかけたのは、息子の服装について、保育園の先生に注意されたという親でした。

    あーーもう無理だなぁ。かわいい物好きの息子が女の子の服(ピンク)を着ていったら保育園の先生から『男の子の服を着せてください』と指摘。なんで?何着ようと自由では?靴や靴下はピンクでも何も言わないのに服はなんでダメなの?この時代に

    こちらのツイートは、1万9千以上のリツイート、10万1千以上のいいねを集め(6月16日現在)大きな反響を呼んでいます。

    リプ欄には「3歳の息子が、長髪が似合う子だったので伸ばしていたのですが、『男の子だから短い方がいいですね』と言われた」「ジェンダーレスの時代にビックリです!息子3歳もピンクの服好きですよ!」など、多くの親から共感の声が寄せられました。

    BuzzFeed Newsはこの投稿をした、みっちょんぱさんを取材しました。

    九州在住で会社員のみっちょんぱさん。発端は、2歳の息子を迎えに、保育園に行ったときでした。

    かわいい物が好きだという息子は、その日、自分で選んだピンク色の服を着ていたといいます。

    すると、息子の服装について、保育園の先生から「男の子の服を着せてください」と注意されたのでした。その瞬間は、呆気に取られ「はぁ」と返事をしたといいます。

    保育園の利用規定には「動きやすい服、汚れても良い服などと記載があるのみ」で、「男の子用、女の子用の服を着なくてはいけない」という文言はありませんでした。

    指摘に対して疑問を抱いたみっちょんぱさんは、次の登園日の際、連絡帳に「男の子の服を、とのことでしたが、何か理由があれば教えてください」と記載します。

    Shoko Shimabukuro / Getty Images

    「他の保護者や近隣住民からの目が気になるのではないか」保育園からの返答

    質問に対して、保育園の先生からは以下のような説明がされました。

    ・女の子の格好をしていることで、他の保護者や近隣住民からの目が気になるのではないか。
    ・写真を貼り出す際に、女の子の格好のまま撮影しても良いのか。
    ・他の子どもが影響されて、スカートを履きたいなどと言い出したら困る。

    みっちょんぱさんは「私自身は息子がどんな格好で写真に写ろうとも気にしないし、他の保護者の目に触れても気になりません」と答えたといいます。

    「保育上ご迷惑をおかけするならその際は服装を変えます」と返事をし、話を終えたといいます。

    着なくなった女の子向けの服。「なんでダメなの?」の質問に「洗濯しているよ」と説明。

    話し合いの結果、みっちょんぱさんは現在、息子に「もともと指摘の原因になった女の子向けの服は着せていない」といいます。

    「薄いピンクのTシャツ(ミニーの絵柄)や、男児向けのTシャツなどを着ています。『なんでその服はダメなの?』と聞いてくることがありますから、『洗濯しているよ』などと説明をしています。家では、今まで通り好きな服を着せているので、今のところそれで満足しています」

    「その人らしさが1番大切だと感じます」

    Marsyu / Getty Images

    みっちょんぱさんは「保護者や園児の多様化するニーズに対応しながら、安全な保育に努めてくださっている保育士さんには本当に尊敬の念を抱いております」と、保育園や保育士に感謝の意を示した上で、一連の出来事について自身の考えをこう説明します。

    「個人的には男の子らしさ、女の子らしさについて全く興味がありません。その人らしさが1番大切だと感じます」

    また、性別に基づいた服装のルールについて、次のように思いを明かします。

    「制服については、男女で分ける必要すら感じません。どんな服を着ていようとも教育に影響するとは思えないので、学習上邪魔になる、迷惑をかけるなどの理由がなければ、好きなようにしたらいいと思います」

    「好きなものを選び、身につけ、行動できるような社会に」

    息子は、普段からピンクがすごく好きでドレスを着たがることもある一方で、緑のワンピースや一般的に男の子向けとされている服も着ているといいます。

    「SLや新幹線などの絵柄の服がお気に入りです」

    また、好きなおもちゃは電車や工事車両などだといい、みっちょんぱさんは「私は本人の意思を尊重したいと思っています」とツイートしています。

    みっちょんぱさんは「行動に性別らしさを求めることについても、同様になくなってほしいと思います」と、社会に対して変化の必要性を感じているといいます。

    「人に迷惑をかけない範囲で、好きなものを選び、身につけ、行動できるような社会になるといいと思います。また、自分に関係ない、人のやることに対して干渉しすぎる世の中が、変わっていけばいいなと思います」

    Contact Hana Shimada at hana.shimada@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here