【ありそうでなかった】職場に突如現れた、とあるシステムが天才だった話

    新型コロナウイルスの影響で、共用スペースの衛生面に敏感になっている方必見。ある画期的なアイデアがTwitter上で話題です。

    共用スペースの衛生面が気になる、今日この頃。

    新型コロナウイルスの感染予防のため、不特定多数の人が触れる場所やものに触りたくない……と不安を感じながら生活する方も多いのではないでしょうか。

    そんななか、あるアイデアがTwitterで話題をよんでいます。

    4万4千以上リツイート、15万6千以上いいねを集め(4月21日現在)反響をよんだそのアイデアとは?

    ん…??トイレのドアに何かが挟まってる。

    シガタケさん(@shigatake)提供

    何か書いてあります。近づいてみると……

    ドドン!!!

    シガタケさん(@shigatake)提供

    そこには「ドアノブ触らない システム」と書かれた、ダンボール片が。

    そう、こちらは職場の人たちがドアノブを触らずにトイレに出入りできるという、画期的システムだったんです!

    リプ欄には「いいアイデアですね!」「最先端技術w」など賞賛の声が多く寄せられています。

    考案したのはツイートしたシガタケさんの同僚だといいます。

    投稿したシガタケさんは「入る時はドアを押すので、体当たり等でドアノブを触れなくても入れますが、出る時はドアを手前に引く必要があるので、ドアの隙間に足をひっかければ、ドアノブを触らずに出る事ができる画期的なシステムなのです!」と、このシステムについて力説しています。

    また「最低限の出費で最大限の効果が得られるのでオススメ」とリプ欄で話しています。

    ありそうでなかった発想で、お金をかけずに衛生環境を保てるこちらのアイデア。真似してみたいですね。

    Contact Hana Shimada at hana.shimada@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here