back to top

ボロボロの廃墟を撮影してまわる奇特な写真家に話を聞いた

そして誰もいなくなった、その後の話。

彼の名前はピーター・アンターメイアーホファー氏。廃墟での撮影を得意とする写真家だ。

Peter Untermaierhofer

ピーターが活動するのは主にヨーロッパ。人が去り何年も放置された場所を見つけると、そこを訪れ、建物の内部に入り撮影する。

過去の住人の生活を垣間見るような、この場所の未来を見るような、そんな想像力を掻き立てるのが彼の作品だ。

広告

「小さい頃、大人になったら宝物を探す冒険家になりたかった」

Peter Untermaierhofer

ピーターはBuzzFeedの取材に対し、廃墟好きとなったきっかけを語ってくれた。子どものころ、実家の牧場敷地内にある使わなくなった場所を母親があちこち連れて見せてくれたという。

その時、ピーターは子どもながらに廃墟の雰囲気が好きになった。

その後、成長しデジタル一眼を購入したピーターは、興味ある撮影対象として、10代の頃に冒険した場所(例えば第二次世界大戦でナチスが使った小屋など)を選ぶことにした。

2011年にドイツから撮影をスタート。その後、ベルギーやルクセンブルクと続き、、中央ヨーロッパの廃墟を旅してまわっている。

広告
広告

ネットで誰かがポストした廃墟画像を知るたび、実際にそこに行き自分で撮影したくなるという。

しかし、一方でピーターはこうも言う。「でも、なるべくそういう廃墟は人には教えたくないんです。長く人の手が入らなければ入らないほど、当時の状態をキープできますからね」。

「旅、冒険、アドレナリン、そして写真。思い通りにいかないことがあっても、それも含めて人生の一部として愛している」

Peter Untermaierhofer

彼の廃墟画像が見る人の想像力を掻き立ててくらたらと、ピーターは語る。

「みんなそれぞれ違った想像力を持っています。僕がシーンを作り、見る人が映画を作り上げていく」

この記事は英語から翻訳されました。

Sponsored

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss