• English badge
Updated on 2019年5月30日. Posted on 2019年5月28日

【対訳付き】13歳の時に出会った女の子は「未来の妻」 とある奇跡がSNSで話題

BuzzFeedの海外記事を英語と日本語でお届け!ある男性は「未来の妻」からの電話で命を救われた。そのストーリーが話題になっている。

【重要単語・表現】

fateful: 運命的な

commit suicide: 自殺する

fall into a depression: 鬱になる、塞ぎ込む

Kevin Walsh shared a tale of a fateful phone call with his future wife.

Kevin Walsh

Once upon a time I was 13 at a summer camp and the prettiest girl I'd ever seen walked right up to me and said “black is a good color on you.” No idea why. We chatted and became friends, exchanged AIM screen names (it was the time) and stayed in touch for a while.

We fell off each others’ radar some time in high school, but I can promise you that not a day went by that I didn't think about that girl. Even now I'm not sure I can say why - something about her just stayed with me.

Walsh went on to explain how he fell into a deep depression in high school and eventually decided to take his own life.

Somewhere between 5 and 10 seconds before I would have committed suicide, my phone rang. I checked the caller ID - I couldn't die not knowing. It was a number I didn't recognize, so I picked up and it was her.

I asked her what was up and she said she just felt like she had to call me. At that point it had been a year since we had spoken, and at that moment she just had to call. Long story short, she pried, I spilled the beans and she talked me out of it. I mean she literally said “What? Don't do that.” And that was that.

She made me promise to call her the next day, and we hung up. That night I started writing the words which, ten years later, I'd propose with.

Here is the picture Walsh posted of him and his wife, Blake, on their wedding day.

Chantal Pasag / Via Instagram: @pasagraphy
Chantal Pasag / Via Instagram: @pasagraphy

Unsurprisingly, his answer has already received over 298,000 views. "The comments have been unbelievably kind; most are congratulatory and uplifting," Walsh told BuzzFeed.

According to Walsh, the best thing you can do if you ever feel like suicide is your only way out is to simply talk to someone.

Chantal Pasag / Via Instagram: @pasagraphy

"There is power in saying it out loud. There's a good chance that the moment it comes out of your mouth you'll realize it isn't what you want at all," said Walsh.

【日本語訳】

ケビン・ウォルシュは「未来の妻」からの電話で命を救われたと掲示板に投稿した。

Kevin Walsh

13歳のころ、サマーキャンプで、いままで会ったなかで一番かわいい女の子に出会った。なぜかわからないけど、彼女は僕のところに来て、「黒が似合うね」って言ったんだ。

そこから会話がスタートして友達になって、チャットでやりとりしていた。高校生になる頃には、連絡が途絶えてしまったけど、それでも彼女のことを忘れた日は一度もなかった。いまでもなぜか説明できないけど、彼女のことがずっと心に残ってた。

高校生になったケビンは鬱気味になり、ある日、自殺を考える。

自殺をする5秒から10秒前、携帯電話が鳴った。誰なのか気になったままでは死ねないので、着信表示を見ると知らない番号だった。電話に出ると、それが彼女だった。

どうしたのかと尋ねると、彼女はどうしても電話しなくちゃいけないと思ったという。連絡が途絶えて1年ほど経っていたのに、その瞬間、とにかく電話しなくてはと思ったのだという。

その結果、彼女にいまの状況を話し、自殺を止められた。次の日にまた電話すると約束して電話を切った。あの夜書いていた手紙で、10年後、彼女にプロポーズした。

これが2人の結婚式の写真。ケビンの横には、13歳で出会い、高校時代に自殺を止めてくれた彼女、ブレイクがいる。

Chantal Pasag / Via Instagram: @pasagraphy
Chantal Pasag / Via Instagram: @pasagraphy

ケビンの話は40万回ほど閲覧され、コメントもたくさんついている。その多くは、2人を祝福する声だ。

「もし、自殺を考えるようなことがあれば、誰かと話をしてみて」

Chantal Pasag / Via Instagram: @pasagraphy

ケビンは言う。「口に出して話すことにはパワーがある。口にした瞬間に、これは自分の願ったものじゃないと気づく可能性はおおいにある」

きっと良くなる。そう気づかせてくれたのが、まさか未来で自分の妻となる女性だったとは。まさに、映画みたいに、ロマンチックでちょっと不思議な体験だ。

この記事は英語から翻訳・編集しました。

BuzzFeed Daily

Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

Newsletter signup form