親と見ちゃったら気まずい! ラブシーンがすごい映画16選

    セックス、セックス、とにかくセックス。

    1. LOVE【3D】(2015年)

    RT Features

    カンヌ映画祭で上映され、一気に物議をかもした(ものすごく話題になった)本作品は、セックスシーンが満載。とにかくセックス。

    2. ナインハーフ(1986年)

    Fox Home Entertainment

    キム・ベイシンガーを一躍大スター&80年代のセックスシンボルへと導いた作品。

    3. 天国の口、終りの楽園。(2001年)

    Anhelo Producciones

    セックスと旅、メキシコの美しい風景、悪くなりようがない映画。若き日のガエル・ガルシア・ベルナルがたまらん。

    4. ダメージ(1992年)

    Europa Filmes

    息子の恋人と…っていう危険な情事。

    5. 氷の微笑(1992年)

    Columbia TriStar

    マイケル・ダグラスとシャロン・ストーンの映画史に残る濡れ場。

    6. ブロークバック・マウンテン(2005年)

    Focus Features

    2000年代のハリウッドで、最もアツく語られたラブシーン。世界がヒース・レジャーとジェイク・ジレンホールに釘付けになった。

    7. アデル、ブルーは熱い色(2013年)

    Quat'sous Films

    アデルとエマのラブシーンは、映画史に残るロマンティックかつリアルさ。

    8. タイタニック(1997年)

    Reprodução FOX

    車の中のアレね!

    9. スプリング・ブレイカーズ(2012年)

    Muse Productions

    プールでのセックスあります。

    10. アクエリアス(2016年)

    Globo Filmes

    65歳の未亡人と男娼を描いたブラジル映画。

    11. ブルーバレンタイン(2010年)

    Incentive Filmed Entertainment

    ライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズが演じる夫婦、そして妻の元カレが…。

    12. ラスト、コーション(2007年)

    Focus Features

    性描写の激しさから、日本ではR18指定に。第二次世界大戦中の女スパイのお話。

    13. ラブ & ドラッグ(2010年)

    FOX

    ジェイク・ギレンホールとアン・ハサウェイの体だけの割り切った関係とは。

    14. 運命の女(2002年)

    20th Century Fox

    ニューヨークで暮らす主婦とフランス人の青年の不倫。

    15. ドリーマーズ(2003年)

    Peninsula Films

    日本公開のキャッチコピーは「パリと愛し合った…。」、R18指定です。

    16. アイズ ワイド シャット(1999年)

    FOX

    日本でも公開当時かなり話題になったセックスシーン。当時、主演の2人(トム・クルーズとニコール・キッドマン)はリアル夫婦、深い。

    この記事は英語から翻訳されました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan