• stayhomejp badge
  • lol badge
Posted on 2020年5月4日

米情報番組のレポーターがズボンを履かずに生中継に出演→パンツ姿をテレビで晒す

新型コロナの影響で増えた在宅勤務。部屋着でWEB会議をしちゃうのは理解できるけど…「生放送」ではせめてズボンを履いてください😂

ABC

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、家から仕事をする人が増えている。

在宅勤務という働き方に慣れてくると、ついついパジャマやパンツ姿でWEB会議に参加…という勇者もいるかもしれない。

米テレビ局、ABCでリポーターを務めるウィル・リーブ氏も、その1人だ。

事が起こったのは、4月28日に放送された朝の情報番組「グッド・モーニング・アメリカ」。

リーヴ氏は、高齢者が集まって暮らすフロリダのリタイアメント・コミュニティで、いくつかの薬局がドローンを使って患者に処方薬を届けているというニュースを自宅からの中継で伝えた。

「ドローンを使うことで社会的距離を保ちながら、患者に必要な薬を届ける。高度な技術を利用した革新的な方法だ」とコメントしたリーヴ氏。

番組の序盤、司会を務めるエイミー・ローバック氏と会話するリーブ氏に一見、おかしいところは何もないように見える。

ABC

しかし、その後リーブ氏の上半身の画が引きの画に変わると…

あれ?

ズボン履いてない……

リーブ氏の脚がちゃっかりと中継されてしまったのだ。

ABC

バレないと思ったのか、生放送にも関わらず、ズボンを履くのをめんどくさがってしまった同氏。

ドローンについて真面目なコメントを残すも、視聴者の目線は足元に…

ABC

司会者のローバック氏も思わずこの表情。

GMA


ABC

もちろん、この出来事はツイッターですぐに拡散された。

「ズボンくらい履きなよ😂」

「この人、ズボン履いてない!」

「レポーターにズボンを履いてもらうのって…期待しすぎ?」

「今日の朝、ウィルはズボンを履くのを忘れちゃったみたいだね」

翌日、リーブ氏はスーツの下に運動着を着ていたことを認めた。

「在宅勤務に失敗しちゃったよ(自分で決めたカメラアングルだけど、引きすぎたね)みんなが笑えてたならいいな😂」

When WFH goes wrong (or, your self-framed live shot goes too wide). Hope everyone got a much needed laugh 😂

「番組終了後に予定していたワークアウトの準備が早すぎたみたい。効率がいいかなと思ったんだけどね」

「カメラアングル、友達、家族、視聴者のおかげで朝の習慣を見直そうと思ったよ」

「在宅でもズボンを履いてベルトをきっちり締めてからWEB会議をする人からのアドバイスは歓迎だよ」

「仕事に戻らなきゃ。ズボンを履いてね」

BuzzFeed Newsがリーブ氏にコメントを求めると、彼は「最初に着替えさせて!その後、取材に答えるよ😂」と語った。

この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:オリファント・ジャズミン

BuzzFeed Daily

Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

Newsletter signup form