back to top

海にはまだまだ謎がいっぱい 15のミステリーを集めたよ

山、山に行こう!

1. KAZ II

2007年、オーストラリアの海上で発見された難破船。発見時、乗組員である3人の男性は船にいなかったものの、ラップトップは電源がはいったまま、モーターも動いたままで、船に不具合は見つからなかった。逆に言えば、乗組員の3人が不在という以外は正常な状態。3人は今も見つかっておらず、何があったのかもわかっていない。
Getty Images.

2007年、オーストラリアの海上で発見された難破船。発見時、乗組員である3人の男性は船にいなかったものの、ラップトップは電源がはいったまま、モーターも動いたままで、船に不具合は見つからなかった。逆に言えば、乗組員の3人が不在という以外は正常な状態。3人は今も見つかっておらず、何があったのかもわかっていない。

2. 巨大サメ

2003年、海水の温度変化を調べるため、研究チームが、体長約3メートルもある大型のサメにタグを装着した。その後、タグは海岸で発見。チームは、中にあるデータを調べたところあることがわかった。タグ装着から4ヶ月後、サメ(タグ)が水深約580メートルまで潜ったというデータがあり、これは、サメ(タグ)が、何モノかに攻撃または捕食されたと考えられる。3メートルものサメを食べたのは一体誰? もっと大きなサメという意見もあるものの、正体は不明のまま。
Getty Images

2003年、海水の温度変化を調べるため、研究チームが、体長約3メートルもある大型のサメにタグを装着した。その後、タグは海岸で発見。チームは、中にあるデータを調べたところあることがわかった。タグ装着から4ヶ月後、サメ(タグ)が水深約580メートルまで潜ったというデータがあり、これは、サメ(タグ)が、何モノかに攻撃または捕食されたと考えられる。3メートルものサメを食べたのは一体誰? もっと大きなサメという意見もあるものの、正体は不明のまま。

3. マリアナ海溝

水面下1万911メートル、世界で最も深い海溝。エベレストをひっくり返して海溝に沈めても、すっぽりという深さ。そのあまりの深さゆえ、底の底になにがあるのか誰も知らない。
Getty Images

水面下1万911メートル、世界で最も深い海溝。エベレストをひっくり返して海溝に沈めても、すっぽりという深さ。そのあまりの深さゆえ、底の底になにがあるのか誰も知らない。

4. バルト海の異物

2011年、2人の研究者が、バルト海水深約91メートルの場所で発見した謎のこれ。『スター・ウォーズ』に出てきそうな見た目から、海に沈んだUFOという声も。
Amazon / Peter Lindberg

2011年、2人の研究者が、バルト海水深約91メートルの場所で発見した謎のこれ。『スター・ウォーズ』に出てきそうな見た目から、海に沈んだUFOという声も。

5. 奇妙な音

夜中にふと変な音がするように、海でも時に変な音が。記録された変な音の中でも有名なのは「The Bloop」と「Julia」。巨大な何かによって生まれた音とされ、多くの科学者は巨大な氷塊が海底をこする音だとしている。本当に?
Getty Images

夜中にふと変な音がするように、海でも時に変な音が。記録された変な音の中でも有名なのは「The Bloop」と「Julia」。巨大な何かによって生まれた音とされ、多くの科学者は巨大な氷塊が海底をこする音だとしている。本当に?

6. 1968年

4つの潜水艦(アメリカのスコーピオン、ソビエトのK-129、フランスのミネルヴ、イスラエルのダカール)が消えた、1968年という年。
Getty Images

4つの潜水艦(アメリカのスコーピオン、ソビエトのK-129、フランスのミネルヴ、イスラエルのダカール)が消えた、1968年という年。

7. アトランティス

伝説の島は本当にある? ギリシャのデロス島周辺にあるという人たちも。
Getty Images

伝説の島は本当にある? ギリシャのデロス島周辺にあるという人たちも。

8. 海に住む龍

イギリス海軍は、かつて全長30メートルもある龍を海で見たことがあるという。アメリカの船Daphneも、竜のような巨大な蛇のようなものを生みで見たことがあるという。科学者たちは、くじらを見間違えただけだというが、はたして?
Getty Images

イギリス海軍は、かつて全長30メートルもある龍を海で見たことがあるという。アメリカの船Daphneも、竜のような巨大な蛇のようなものを生みで見たことがあるという。科学者たちは、くじらを見間違えただけだというが、はたして?

9. バミューダトライアングル

フロリダ、プエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域は、海にまつわる最大の謎。クリストファー・コロンブスが、最初にこの海域を通ったとき、空に現れた巨大な光の玉が地平線に激突し、光り輝いたという。以来、数々の奇妙な出来事がこのエリアで起きている。
Getty Images

フロリダ、プエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域は、海にまつわる最大の謎。クリストファー・コロンブスが、最初にこの海域を通ったとき、空に現れた巨大な光の玉が地平線に激突し、光り輝いたという。以来、数々の奇妙な出来事がこのエリアで起きている。

10. メキシコ湾の呪いの難破船

メキシコ湾に沈む難破船を最初に見つけたのは、エクソンモービル。海底にパイプラインを設置している時のことだった。以来、さまざまなチームが難破船の調査に乗り出すものの、機器の不具合が発生し失敗。
Getty Images

メキシコ湾に沈む難破船を最初に見つけたのは、エクソンモービル。海底にパイプラインを設置している時のことだった。以来、さまざまなチームが難破船の調査に乗り出すものの、機器の不具合が発生し失敗。

11. ストロンゼー島の怪物

スコットランドは、未確認海洋生物の宝庫なのかもしれない。あの有名なネッシーはもちろん、ストロンゼー島の近くでプレシオサウルスを見たという話が。科学者たちは、10メートルほどのウバザメだろうと言うが、本当のところは謎。
Getty Images

スコットランドは、未確認海洋生物の宝庫なのかもしれない。あの有名なネッシーはもちろん、ストロンゼー島の近くでプレシオサウルスを見たという話が。科学者たちは、10メートルほどのウバザメだろうと言うが、本当のところは謎。

12. ベルメハ島

16世紀以降、複数の地図に記載されているものの、2009年の探索ではその存在が確認されなかったベルメハ島。最初からなかったの? 途中で消えてしまったの? 消えたのなら、何があったの?
Getty Images

16世紀以降、複数の地図に記載されているものの、2009年の探索ではその存在が確認されなかったベルメハ島。最初からなかったの? 途中で消えてしまったの? 消えたのなら、何があったの?

13. 魔の海

別名、ドラゴントライアングル。バミューダトライアングルと同じく、船や飛行機が消えるといわれる海域。
Getty Images

別名、ドラゴントライアングル。バミューダトライアングルと同じく、船や飛行機が消えるといわれる海域。

14. 与那国島海底地形

1986年に発見。海底遺跡とも自然現象とも言われているが、真相はまだわかっていない。
Instagram: @sophieloureid

1986年に発見。海底遺跡とも自然現象とも言われているが、真相はまだわかっていない。

15. クラーケン

1870年、ニュージーランドで巨大なイカが目撃された。全長約3メートルともいわれる巨大イカは、足を広げた大きさは最大30メートルほどになるという。クラーケンとは、北欧に伝わる海の怪物。
Getty Images

1870年、ニュージーランドで巨大なイカが目撃された。全長約3メートルともいわれる巨大イカは、足を広げた大きさは最大30メートルほどになるという。クラーケンとは、北欧に伝わる海の怪物。

この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan