背筋も凍る連続殺人鬼の言葉

    「僕らは普通の家族に育てられたんです」

    1. 僕たち(シリアルキラー)は、誰かの息子であり、誰かの夫であり、どこにでもいる普通の家族に育てられた人間です。ーテッド・バンディ

    Murderpedia

    死刑前、最後のインタビューにて。

    2. 「グレースが私の膝に座って、決心したんです。彼女を食べてしまおうと。彼女は蹴ったり、噛んだり、ひっかいたりしましたよ。それでも、彼女の首をしめて殺し、肉を細かく刻み、部屋に運んで料理して食べたんです」ーアルバート・フィッシュ

    Fair Use

    フィッシュが遺族に送った手紙から。「食べるのに9日かかった」こと、彼女のの肉が「甘くて柔らかかった」ことも綴っている。

    3. 「寝室のクローゼットに箱を置いていました。中には、ミルウォーキーのバーで会った男のミイラ化した頭部と性器をいれていました」ージェフリー・ダーマー

    MSNBC

    MSNBCのインタビューにて。

    4. 「人を傷つけるのが好きなの」ーメアリー・ベル

    Fair Use

    警察への供述から。

    5. 「生まれながらに、私の中には悪魔がいました。私が殺人者であるという事実は、詩を読むと歌いたくなるというのと同じくらい疑問の余地のないことです」ーH・H・ホームズ

    Fair Use

    ホームズの告白から。

    6. 「人生において、21人の人間を殺し、何千という窃盗や放火を犯し、1000人以上の男性とソドミーの関係にありました。これらすべてにおいて、私は少しも悪いとは思っていません」ーカール・パンズラム

    Fair Use

    自伝書から。「私には良心がないのです。私を含むすべての人類が嫌いでたまらない」

    7. 「私は、この男性らを冷血に殺したと世界中に知ってほしい。ずっと長い間、人間が憎くてたまらなかった。私はシリアルキラーである」ーアイリーン・ウォーノス

    Murderpedia

    逮捕後の供述にて。

    8. 「大げさなことじゃない。死はつきもの。ディズニーランドで会おう」ーリチャード・ラミレス

    CBS

    裁判での発言。

    9. 「子どもへの体罰を正しいとは思わない。子どもを甘やかすことも正しいとは思わない」ージョン・ウェイン・ゲイシー

    Fair Use, CBS

    CBSのインタビューにて。

    10. 「首をはねられた後、少しの間ならまだ音が聞こえますか? 首から血が噴き出す音が」ーペーター・キュルテン

    Fair Use

    死刑前の発言から。

    11. 「私の中の半分は『彼女と話したり、デートしたりしたい』と言います。しかし、もう半分は『彼女の頭をくしに突き刺してみたらどんなだろう?』と言うのです」ーエドモンド・ケンパー

    Santa Cruz County Sheriff's Office, Getty

    雑誌Front Page Detectiveのインタビューにて。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan