Posted on 2016年11月13日

    クリントン家のネコ、ソックスが史上最高の猫だった15の理由

    おそらくクリントン家の中で最も愛されていた。

    1. 彼は颯爽としていた。

    2. 彼は、不機嫌な表情と軽蔑に満ちた横にらみの組み合わせを駆使する方法を、いつだって心得ていた。

    3. 彼は犬をじっとさせておく術を知っていた。

    4. しかし、彼は公平さも持ち合わせていて、時には犬を家具の上に寝そべらせておいた。

    Flickr: usnationalarchives

    「あんまりのんびりしてるんじゃないぞ、相棒」、彼はシューと音をたてた。

    5. 他の大物セレブ同様、彼もパパラッチに悩まされた。

    MIKE NELSON/AFP / Getty Images

    6. 彼にはシークレットサービスがついていて、退屈したときはいつでもドライブに連れ出してくれた。

    7. 彼は、クリスマスプレゼントを入れる靴下と同じ名前だったし...

    8. ホワイトハウスのイースターエッグ・ハントを主催した。

    9. カメラマンたちは「写りの良い角度」だけから撮ることを許された。

    Robert Giroux / Getty Images

    10. 彼は一緒に散歩するには素晴らしい相手だったし…

    11. 聞き上手でもあった。

    12. 彼は力強い記者会見を行った。

    Flickr: usnationalarchives

    「私はあのネコとは性的な関係を持っていません。」

    13. 大統領執務室に公式に歓迎されていた。

    14. ビルとヒラリーをまとめることができた。

    15. そして、おおむね、彼は自分が責務を負っていることを理解していた!

    この記事は英語から翻訳されました。

    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form