back to top

末期がんを宣告された女性が、ひとりでウェデイング写真を撮った理由

「たったひとりでも達成できることはたくさんある。自分を満たしてくれる誰かを待つ必要はないのです」

台湾、新北市出身のキュー・メイ・チェン(27)さん。4年前、ステージ2の乳がんの治療を受けた後に、ガンはなくなったと宣告されました。

Q May Chen

しかしその2年後、チェンさんは再びガンになり、ステージ4まで悪化していました。

Q May Chen

そこで昨年、自分自身への誕生日プレゼントとして、チェンさんは子どものころの夢を実現させることにしました。——ひとりでウエディング写真を撮影することにしたのです。

Q May Chen

「幼いころ、ドレスアップをすることが大好きでした。結婚するときはいつかウェディング写真を撮りたいと、いつも願っていました」と、チェンさんはBuzzFeed Newsに話しました。

Q May Chen
広告

「だからその日が来るのを待っていたのですが、また病気になってしまいました。そのとき、これは自分でやらなくてはいけないことだと、ようやく決心しました」

Q May Chen

自分はあまり自主性のある人間ではないとチェンさんは言いますが、写真撮影によって彼女は本当に強くなりました。

Q May Chen

「たったひとりでも人生の中で達成できることはたくさんあると気づいたのです。自分を満たしてくれる誰かを待つ必要はないのです」

Q May Chen

生きていればなんでもできるのだと、つらい時間を過ごしている人たちに伝えたいから、人前に出て自分の話を伝えることにしたのだとチェンさんは話しました。

チェンさんの物語は 地元メディア によって広く報じられました。見ず知らずの人たちから数え切れない応援メッセージを受け取ったそうです。
Q May Chen

チェンさんの物語は 地元メディア によって広く報じられました。見ず知らずの人たちから数え切れない応援メッセージを受け取ったそうです。

広告

「今私は、それまでできないと思い込んでいた多くのことを成し遂げました」とチェンさんは話します。「誰かに頼らずに行きたい場所へ行けるように」昨年は運転免許を取得しました。

Q May Chen

今年中に「ハネムーン」として母親とバリに旅行に行きたいと思っています。

Q May Chen

「ステージ4のガンが自分を待っているなんて、思いもしませんでした。しかし私は今、私たち誰もがもつ限られた時間を思い切り楽しんでいます」

「不安を感じることもあるかもしれませんが、生き続けることが1番大切なことです」「その事実の前では、全てが取るに足らないことなのです」
Q May Chen

「不安を感じることもあるかもしれませんが、生き続けることが1番大切なことです」

「その事実の前では、全てが取るに足らないことなのです」

「神がわざと過酷な状況に追い込んでいるのではないかと感じることもときどきありますが、おそらく神は私たちがもっと何かを達成できるように後押ししているのだと思います」と、チェンさんは話しました。

Q May Chen

この記事は英語から編集・翻訳しました。

BF Japan Newsに連絡する メールアドレス:daichi.ito+bfjapannews@buzzfeed.com.

Kassy Cho is a reporter for BuzzFeed News and is based in London.

Kassy Choに連絡する メールアドレス:kassy.cho@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.