ダサいセーターコンテストで優勝できなかった……落ち込む女性にネットがエール

    彼女は既に「リベンジに燃えている」そう。

    23歳のマヤ・ムーアは、米ボルティモア州で金融オペレーションのアナリストをしている。

    Provide Maya Moore

    左がマヤで、右がマヤと双子のベラだ。

    マヤが働く会社では「ダサいセーターコンテスト」を毎年開催している。同僚に底力を見せつけようとしたマヤは、一生懸命セーターを作った。

    Twitter: @mayamorena_

    作品はこんな感じ。

    ピンタレストでたまたまツリー型のセーターの画像をみたマヤ。創作のスイッチが入ってしまったらしい。

    「このセーターを作るのに4時間かかりました。深夜まで起きて作業していて、彼氏のメッセージにも電話にもでなかったので、イラッとさせてしまったみたいです。でも、すごく集中していたんですよ」

    ツリーのセーターは、コンテストで2位に終わった。マヤが優勝できなかったくやしさをツイートすると、2万5000回以上リツイートされ、7万以上いいね!された。

    Let me tell y'all how I'm never participating in another work contest ..4 hours to make this sweater 4 HOURS !

    Twitter: @mayamorena_

    職場のコンテストにはもう参加しないかも。だって4時間もかけて作ったんだよ!!!4時間だよ〜

    なぜマヤが2位なのか。ネットは彼女のために怒った。

    2ND PLACE?! Girl quit that job. They dgaf about you. Take your talents elsewhere https://t.co/5DjPmh1zAG

    Twitter: @GeauxGabby

    なんで2位なの?みんな分かってないね!仕事辞めて、この才能を他で生かしたほうがいいレベルだよ!

    Well who the hell won if you didn't lol cause I need to see https://t.co/nvIIPSqwbd

    Twitter: @queenofleplants

    だれが優勝したのか知りたい。ツリーのセーターは面白すぎるから。

    This is wild creative and dope though lmao https://t.co/YVOs4Gb8m1

    Twitter: @therealmelisa_

    超クリエイティブでしょ。私は最高だと思うけどね。

    ちなみに優勝したセーターには「I sleigh」(ソリを乗りこなしてカッコイイ)という言葉が書かれた、ダサいセーターだったそうだ。

    セーターは、ダサさ、創作性、説明の上手さで審査された。「私は面白いストーリーを考えていなくて、気の利いた笑えることを言えなかったので、説明の上手さが足りなかったのかもしれません」とマヤは敗因を分析する。

    残念がっているマヤに、表彰状を作ってあげた人も。

    @mayamorena_ girl this is the greatest sweater ever. let that other girl know who the champ really is 😊

    Twitter: @alCOLEholic_23

    最高にダサいセーター賞。

    このセーター最高でしょ。だれが本当の勝者か見せつけてあげるといいよ!!

    「優勝できなかったけど、まあ、2位だったから、実はそんなに怒ってはいないです」とマヤ。「それに、Twitterの人たちは私が優勝だって言ってくれているからね」

    Provide Maya Moore

    マヤは来年のコンテストのための計画はまだ練っていない。けれど既に、「リベンジに燃えている」そうだ。

    この記事は英語から翻訳されました。