back to top

We’ve updated our privacy notice and cookie policy. Learn more about cookies, including how to disable them, and find out how we collect your personal data and what we use it for.

『美女と野獣』あの女優のセミヌードが物議「私のおっぱいと何の関係が?」

フェミニストなのか、偽善者なのか。強いられるのか、意志なのか。

透けたボレロをまとったエマ・ワトソン。胸の一部をあらわにしたその写真がソーシャルメディアで物議を醸している。

vanityfair / Via Instagram: @vanityfair

雑誌Vanity Fair3月号の写真だ。

March cover star @EmmaWatson opens up about her metamorphosis from child star to leading woman… https://t.co/YycHaOu4C8

広告

英紙サンは「美女とおっぱい」という見出しをつけて、この写真をからかった。「野獣」(ビースト)と「おっぱい」(ブレスト)をかけている。

Emma Watson: "Feminism, feminism... gender wage gap... why oh why am I not taken seriously... feminism... oh, and h… https://t.co/rdVh7oANCs

若い女の子たちが抑圧されることなく活躍できる社会をつくるために活動しているエマ。男女同権を訴えるフェミニストであり、国連「UN Women」親善大使も務めている。

Honoured to interview Malala yesterday: https://t.co/1G83qjgvJn #notjustamovieamovement #HeNamedMeMalala @MalalaFund

「性別による差別を終わらせたい。そのためには皆さんに協力してもらう必要があるのです」と国連で話している。(写真はノーベル平和賞を受けたマララ・ユフザイさんと)

なので、胸をあらわにした写真が、男性の目を喜ばせたいだけの女性を蔑視するポーズだと批判された。

広告

反対にエマを擁護するツイートも。身体を使って好きなように自己表現するのは、反フェミニストではないと主張する。「フェミニズムは👏自由な👏選択👏のこと」

. @EmmaWatson 's VF cover is not anti-feminist. Fem theory 101: feminism 👏 means 👏 free 👏 choice 👏 Let her empower herself however she wants

有名なユーチューバーのハンナ・クランストンさんは、騒ぎを受けて、ハフィントンポストに寄稿。エマが男女同権を訴えつつ、セミヌード写真を撮ったことを批判する社会に違和感を訴えた。「2017年になってもまだ私たちの社会は、女性がセクシュアルに自己表現し、かつ、平等を求める、その両方をすることを許さない」

Via Instagram: @hannahcranston

エマを擁護するシンボルとして、Instagramに自らの胸をアップで撮った写真を載せて、記事を紹介した。

エマがセミヌード写真を撮ったのは、自らの意志だったのか、それとも男性目線を意識して媚びた行為だったのか。ケンブリッジ大に通うブロガーのビバ・カンさんは英紙インディペンデントに、エマのセミヌード写真から社会を分析するコラムを寄せた。

Via facebook.com

自らの欲望はある。だが、自分の欲望だと思っていても、実は社会が女性に対して、持つべきだと強制してきた欲望を内面化しただけかもしれない。この二つを「はっきり分けるのは難しいことが多い。女性であることつまらない側面の一つ」とカンさん。

My piece about @EmmaWatson's 'Vanity Fair' shoot. https://t.co/FhjbvozyjS

男性が、権力を握り、価値観を決める「家父長制(patriarchy)」が背景にあるからだ。「アイライナーを引くとき、寄せて上げるブラを買うとき、ヒップを動かすダンスをするとき、見知らぬ人とセックスするとき、いつも自問するのです。『家父長制の社会だから、わたしはこれをやっているの? そうではなくて反対に、家父長制の社会だけど、やっているの? 今も、答えは分かりません」とカンさん。

エマは、偽善者なのか、フェミニストなのか。エマの表現は、強いられたのか、意志だったのか。

エマ本人はどう話したのか。「わたしのおっぱいと何の関係があるのか分からない。とっても困惑しています」「フェミニズムとは女性に選択肢を持ってもらうこと」「自由、解放、平等です」

.@EmmaWatson on the controversy over her almost topless @VanityFair cover shoot. https://t.co/9kNDAV90w6

この記事は英語から翻訳・編集しました。

BF Japan Newsに連絡する メールアドレス:daichi.ito+bfjapannews@buzzfeed.com.

バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Ikran is a reporter for BuzzFeed News and is based in London.

Ikran Dahirに連絡する メールアドレス:ikran.dahir@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.