back to top

バカバカしさで有名な映画を、世界中の人たちは5億時間以上観た

エンパイア・ステート・ビルを71棟建設できた?

Netflixの加入者は、現在約9800万人。その人たちはアダム・サンドラー出演の映画をかなりの時間観ていることになる。

サンドラーの専属契約の映画4本のうち第一作「The Ridiculous 6」は2015年にリリースされた。以来、加入者はアダム・サンドラー出演の映画をNetflix上で5億時間観たと、株主向けの文書に綴られている。

50歳になったサンドラーは50以上のコメディ映画に出演している。ニューヨークタイムスの批評家は「(サンドラーの映画は)あなたの子供をバカにする」と述べている

しかし、彼の映画のファンは多い。「Ridiculous 6」は公開直後からの30日間で、Netflix上のどの映画よりも多く視聴された。

先月、サンドラーはNetflixとさらに4本の映画に出演する契約をした。サンドラーは合計8本のNetflix映画に出演することになる。

サンドラーの映画は概してバカバカしい。「The Ridiculous 6」はRotten Tomatoesでは0%の評価を得ていて、Varietyは「とても怠惰で無意味で、パロディーとしての資格はほとんどない」と評している。それでもサンドラーの映画を観ている人はとても多い。

では、5億時間もアダム・サンドラー映画を観るとはいったいどういうことなのか?ちょっと考えてみよう。

広告


「NetflixのCEOは、睡眠時間の方がAmazonよりも脅威だと言っているかのようだ」とつぶやく人もいる。

Netflix CEO Reed Hastings is trying to argue that sleep is a greater competitive threat than Amazon.

広告

この記事は英語から翻訳されました。

Sponsored