Posted on 2017年10月26日

    「プラスサイズ」という言葉は使いたくない。回転する動画でネットを驚かせた、15歳バレエ少女

    「何でも他の人と同じようにできるのに、どうして別扱いを受ける必要があるんですか」

    by ,

    15歳のある少女が昨年、インスタグラムに投稿した動画が、話題となっている。まずは、動画を見て下さい。

    この動画には、リジーさんがバレエのフェッテ (回転) をする姿が収められている。

    show 👏🏿 out👏🏿 and 👏🏿 have 👏🏿 these👏🏿girls👏🏿shook👏🏿

    当初、リジーさんのインスタグラムに投稿された動画。後にソーシャルメディアでシェアされ、バレエにおける多様性を示していると称賛されている。

    現在、フォロワーは約10万人!!

    「プラスサイズ」という言葉は使いたくない。

    instagram.com

    最近できたファンからは、「プラスサイズ」(大きいサイズ)と呼ばれるけれど、自分ではその言葉は使いたくないという、リジーさん。その理由は、ダンスをする他の人たちと自分を区別しているように感じるからだと、BuzzFeedNewsに語った。

    instagram.com

    「何でも他の人と同じようにできるのに、どうして別扱いを受ける必要があるんですか」とリジーさんは言う。

    Instagram: @lizzy.dances

    頭蓋骨内の圧力が上昇する偽脳腫瘍を抱えているリジーさん。偽脳腫瘍によって生じる不安や悩みなどを乗り越えるための力となっているのがバレエだという。

    リジーさんは今、障害を持つダンサーたちに関する啓蒙キャンペーンの大使を務めている。

    「誰かに見つけてもらえたことを、とてもうれしく思っています。私が暮らす地域の人々にとって、これは全く新しい体験です」とリジーさんは語った。

    この記事は英語から翻訳・編集されました。