back to top

【えっ】羊膜に包まれたままの赤ちゃんが車の中で生まれた

「大変だったよ〜」?

ペンシルベニアに住むこの家族の出産ストーリーは、なかなかのものだ。

Instagram: @raeee_nacoal23

非常に珍しいケースで、羊膜に包まれたまま生まれてくる赤ちゃんがいる。ドラマや映画でよく見るが、現実ではそうは起きないケースに、車内での出産がある。

産気づいて病院に向かうも間に合わないというパターン。羊膜のまま出産するケースに比べればなんてことないが、こちらも人の興味をひく出産ストーリーである。

ここに、このレアケース2つコンボで生まれてきた赤ちゃんがいる!

Instagram: @raeee_nacoal23

8月5日朝、母カリーの陣痛が29週と4日の時点でスタート。陣痛間隔が45分になったところで、病院へ向かった。

しかし、陣痛の間隔はどんどん短くなり、婚約者のイアンが119番に電話。通話中に「赤ちゃんの頭がもう見えてる!」と叫ぶカリー。思いきり力むと、車の中で羊膜に包まれたままの赤ちゃんが誕生した。

この時、車はまだ病院まで7分という距離。誕生直後、赤ちゃんは動かなかった。神に祈るしかなかったカリーだが、顔をなでると、赤ちゃんは手を動かして応えてくれた。

超レアケース出産で誕生した赤ちゃん、名前はイアンJr.。

Instagram: @raeee_nacoal23

病院到着後NICUに直行した時は1390グラムだった体重も、8月末には1920グラムまで増えた。

カリーのInstagramを見ると、イアンJr.がすくすく成長する様子がわかる。

Instagram: @raeee_nacoal23

イアンJr.とカリー以上の出産ストーリーはそうそうないはず。

Instagram: @raeee_nacoal23

なにはともあれ、無事が一番!

この記事は英語から翻訳されました。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss