back to top

We’ve updated our privacy notice and cookie policy. Learn more about cookies, including how to disable them, and find out how we collect your personal data and what we use it for.

13歳の時に出会った女の子は「未来の妻」 とある奇跡がSNSで話題

虫の知らせ。

13歳のころ、サマーキャンプで、いままで会ったなかで一番かわいい女の子に出会った。なぜかわからないけど、彼女は僕のところに来て、「黒が似合うね」って言ったんだ。

そこから会話がスタートして友達になって、チャットでやりとりしていた。高校生になる頃には、連絡が途絶えてしまったけど、それでも彼女のことを忘れた日は一度もなかった。いまでもなぜか説明できないけど、彼女のことがずっと心に残ってた。

高校生になったケビンは鬱気味になり、ある日、自殺を考える。

自殺をする5秒から10秒前、携帯電話が鳴った。誰なのか気になったままでは死ねないので、着信表示を見ると知らない番号だった。電話に出ると、それが彼女だった。

どうしたのかと尋ねると、彼女はどうしても電話しなくちゃいけないと思ったという。連絡が途絶えて1年ほど経っていたのに、その瞬間、とにかく電話しなくてはと思ったのだという。

その結果、彼女にいまの状況を話し、自殺を止められた。次の日にまた電話すると約束して電話を切った。あの夜書いていた手紙で、10年後、彼女にプロポーズした。

広告

「もし、自殺を考えるようなことがあれば、誰かと話をしてみて」

Chantal Pasag / Via Instagram: @pasagraphy

ケビンは言う。「口に出して話すことにはパワーがある。口にした瞬間に、これは自分の願ったものじゃないと気づく可能性はおおいにある」

きっと良くなる。そう気づかせてくれたのが、まさか未来で自分の妻となる女性だったとは。まさに、映画みたいに、ロマンチックでちょっと不思議な体験だ。

この記事は英語から翻訳されました。