飛行機がめっちゃ贅沢だった頃。エアライン黄金時代を振り返る写真たち

    ジャージで飛行機になんか乗れなかった頃の話

    by ,
    Dean Conger / Getty Images

    ユナイテッド航空のCAと話す乗客。1968年、ダグラスDC-10の機上にて。

    Hulton Deutsch / Getty Images

    ダイアナ・ロスらスプリームスのメンバー。1965年。どこの空港かは不明。

    Bettmann / Bettmann Archive

    当時、世界最大の旅客機であるボーイング747のお披露目。1968年、ワシントン州エベレット。

    San Diego Air and Space Museum Archive

    パシフィック・サウスウエスト航空のCA。1960年代後半の制服。

    Hulton Deutsch / Getty Images

    ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス。1967年、ロンドンの空港にて。

    U.S. National Archives

    アラスカ航空、コンベア880 M-6の機内。1960年代。

    San Diego Air and Space Museum Archive

    パシフィック・サウスウエスト航空の機内。1960年代。

    Ullstein Bild / Getty Images

    ドイツの旅客機内でフライトアテンダントがベッドメイキングをしている。1955年。

    Express / Getty Images

    初の女性パイロット、ジャクリーン・デュビュ。フランス国内線のエールアンテール航空機の操縦席にて。1967年。

    Leonard Mccombe / Getty Images

    3人のパン・アメリカン航空のパイロット。1956年、パリ上空にて。

    Bettmann / Bettmann Archive

    ローマの空港でジャクリーン・ケネディ大統領夫人につきそう3人のフライトアテンダント。イタリアからインド、パキスタンへと向かう旅にて。

    Mirrorpix / Getty Images

    エアカナダは集客のため、機内にダンスフロアを設けたことがある。大西洋を横断する上空1万メートルで、音楽と踊りを楽しむ乗客たち。

    Getty Images

    (左)アエロフロートのキャビンアテンダント。1966年。(右)機内食を用意するシェフ。Tu-114の機内にて。Tu-114は、当時世界最大の旅客機だった。1959年。

    Yale Joel / The LIFE Picture Collection

    避難訓練をするユナイテッド空港のフライトアテンダント。1966年。

    New York Daily News Archive / Getty Images

    エリザベス・テイラー。1958年、ハリウッドにて。

    Ullstein Bild / Getty Images

    機内でパフォーマンスをするフランス人歌手のサッチャ・ディスティル。1959年。

    Michael Ochs Archives / Getty Images

    当時は機内でタバコも吸えた。トランスオーシャン航空のボーイング377機にて。1955年。

    A. Y. Owen / Getty Images

    タラップから降り立つ女性たち。場所不明。1958年。

    Dmitri Kessel / Getty Images

    1961年、アイドルワイルド空港内にある、パン・アメリカン航空のターミナル。この空港はのちに、ジョン・F・ケネディ空港へと改名された。

    New York Post Archives / Getty Images

    ジョン・F・ケネディ空港内にある、トランス・ワールド航空のターミナル。1966年。

    San Diego Air and Space Museum Archive

    パシフィック・サウスウエスト航空のパイロットたち。1960年代後半。

    San Diego Air and Space Museum Archive

    サウスウエスト航空のCAたち。1970年代。

    U.S. National Archives

    ワシントンDC空港から飛び立つ旅客機。1973年。

    この記事は英語から翻訳されました。