back to top

スマホを意識したデザイン 連絡せずにはいられないアイデア名刺がすごい

どんな出会いも大切もおろそかにしてはならん。

カリフォルニア州在住21歳の大学生マリッサは、ある夜のクラブで、1人の男性から名刺をもらったという。

友人と踊っていると、手に名刺を握らせてきた男性がいた。名刺は彼女の後ろにいた男性のもので、「連絡してよ」と言われた。

この男性にはまったく興味がなかったというマリッサだが、ネタ的にウケる!というわけで、その名刺をツイートした。

もらった名刺がこれだ。彼と連絡をとるありとあらゆる方法が明記されている!

電話番号、Eメール、ウェブサイト、Instagramなどなど、これでもかというほど多様な連絡先の数々。「電話、通じなかったし」なんていう言い訳を許さない出会いへの意欲の高さを感じる。表のプロフィール写真も、裏の連絡先もスマートフォンの画面を意識したデザイン。

これを見たマリッサは「なんか次元が違う。この人、革新的すぎて未来から来たレベル」だと、ある意味で彼をたたえている。

マリッサの名刺ツイートは、あっという間に拡散。出会いへのバイタリティが高すぎると、尊敬を集めている。

YALL last night at the club some guy handed me this and told me to text him. WE ARE IN 2017 THIS MAN IS IN 3017

「昨日、クラブで名刺をもらって連絡してくれって言われた。今2017年なのに、この人は3017年レベル!」

BuzzFeedは、この男性とさっそく連絡をとった。デモンテ・レイン、28歳。Fantastical Carpéという名前でラップをやっている。

レインが名刺を作った理由は、自身の音楽をプロモーションするため。将来は昼の仕事をやめて、音楽で食べて生きたいからだという。
DeMonté Lane

レインが名刺を作った理由は、自身の音楽をプロモーションするため。将来は昼の仕事をやめて、音楽で食べて生きたいからだという。

音楽とはいいつつも、ときに女の子へも名刺は配る。

かなりの枚数を女の子たちに渡してきたレインだが、けっこう連絡がくるものだという。「期待しているわけじゃないけど、何が起きるかはわからない」「ちょっとしたトークする時間がないときもあって、そういうときは、名刺を渡して連絡してくれとだけ伝える」
DeMonté Lane

かなりの枚数を女の子たちに渡してきたレインだが、けっこう連絡がくるものだという。「期待しているわけじゃないけど、何が起きるかはわからない」「ちょっとしたトークする時間がないときもあって、そういうときは、名刺を渡して連絡してくれとだけ伝える」

自分の名刺がネットで話題になっていると知ったレインは、再びマリッサにアプローチしたが、撃沈。マリッサは名刺を褒めたものの、彼自身には興味ないそうだ。ただ、ここで再びアプローチしたのが、さすがレイン。バイタリティあふれる男だ。

マリッサのツイートきっかけで、レインのSNSフォロワーは増え、メッセージも届いている。

@marissuh_x YO I WAS JUST TRYNNA FIND OUT HOW HE MADE THOSE CARDS I GIVE HIM PROPS THO BC HE REALLY STAYS SHOOTING… https://t.co/93sbvK3vVi

また、マリッサのツイートでは電話番号にボカシがはいっていなかったため、電話もばんばんかかってきているそう。普通ならば怒ると思われるこの状況、しかし、バイタリティの塊のレインは違う。

「ガチャ切りする人もいれば、ちょっと話してくる人もいるけど、できるだけ電話はとるようにしている」「DMにも自分の音楽のリンクいれて全部返信してるよ。もしかしたらファンになってくれる可能性もあるし」

ツイッターでは「いつか、本当に有名になるかもよ」という人もいるが、わからなくもない。

とにかく、すさまじい意欲と活力なのだ! 正直、うらやましい。

この記事は英語から翻訳しました。担当:SOKO