back to top

メガネをかけている人がうんざりしている15の事実

なぜかある、伊達メガネへの苛立ち

メガネかけてる人ー? こんな「あるある」ありますかー?

1. ちょっと横になったときの、メガネのズレ。

2. 雨天時の視界の悪さ。

3. 3D映画で、2つのメガネをかける違和感とフィットする場所を探す苦労。

4. 遊園地でのジェットコースターでは、メガネをなくすリスク or 何も見えないの選択肢を迫られる。

5. 「ちょっとメガメかけさせて」からの「うわ、きっつ!」というくだりに飽きた。

6. 「メガネかけてない方がカワイイよ」という褒めてない褒め言葉。

7. 冬に暖かい飲み物を飲むと、メガネが曇る。

8. 髪の毛が、メガネの柄の折る部分にはさまるイライラ。

9. メガネのまま、マスカラやアイライナーをする難しさ。メガネ外すと手元が見えないし。

10. フラッシュ撮影されたときの、メガネ反射によるエイリアン感。

11. セルフィーでメガネに映り込むスマートフォン。

12. サングラスの面倒くささ(度をいれてもらうか、見えない覚悟で装着するか)。

13. これ以上、視力落としたくないけど、年1回の眼科検診が憂鬱。

14. 伊達メガネへの苛立ち。

15. 朝、目を開けた瞬間にすべてがクリアに見えるということが、もう想像できない。夢のような話。

この記事は英語から翻訳されました。