「本当に友達の家にいるなら、自撮りを送って!」子どもが嘘をついてないか確かめるために、写真を送らせるお母さん。

    ポーズまで指定するのは、なかなかの戦略家。

    子どもが本当に友達の家で遊んでるのか、嘘をついてないか。そんな心配をして子どもに「自撮り写真を送って!」と言ったことがあるお母さんもいるかもしれません。

    Heather Steinkopf

    アメリカ、オハイオ州に住む18歳のケイリン・デモンさん(右)と母親のヘザー・シュタインコップフさん(左)のメールのやりとりがTwitterで話題になった。

    ある金曜日の夜、ケイリンさんは親友のスティービーさんの家で映画を見ていると、お母さんからメールが届いた。

    Stevie Holbrook

    本当に友達の家にいるのか確かめるために、自撮りを送ってと言ってきたのだ。

    Kaelyn Demmon

    母:今どこにいるの?嘘つく前に、あなたの車はどこにいるの?

    娘:スティービーの家。

    母:2人で親指を立てて、セルフィーを撮って送って!

    親友との写真がすでにカメラロールに保存してあると予想したお母さん。追加で注文をしてきた。

    Kaelyn Demmon

    母:電気をつけて。

    更に注文が多いお母さん。

    Kaelyn Demmon

    母:スティービーの写真を切り貼りしたんじゃない?彼女の後ろに行って、自撮り撮って。親指も立ててね。

    やっと、納得したらしい。

    Kaelyn Demmon

    母:合格。笑

    娘:ありがとう

    母:いい夜を過ごしてね。愛してる。

    しつこかったけど、そんなに疑ってたわけじゃなかった。

    最初の写真で信じたけれど、面白いからリクエストし続けたのだという。「娘がスティービーの家にいたのは分かっていたけど、色んなことをやってもらった方が面白かった」と母親のヘザーさん。

    ケイリンさんがやり取りのスクリーンショットをツイートすると、共感する人が続出。

    「私のお母さんに、アイデアをあげちゃったじゃない」と自分にも同じ事が起きるのではと、心配する人もいた。

    Shittttttt you prolly just gave my mom some ideas https://t.co/v6N8E6kNTz

    過去にお母さんのこの戦略によって、ケイリンさんの嘘がバレた事がある。

    Kaelyn Demmon

    「スティービーの家にいると伝えて、焚き火とかに行ったことがありました」とケイリンさん。

    約1カ月後に大学進学を控えているけれど、お母さんは「彼女は最高だから、心配はしていない」のだという。

    ちなみに、BuzzFeed Newsが連絡を取った時も似たようなことが起きた。

    Remy Smidt

    「本当にあなたはBuzzFeedの人ですか?名札と一緒に写真を撮って送って下さい。それで、親指立てて、ベロ出してね。ベロなしじゃ、いいよとは言えないです」

    この記事は英語から翻訳されました。