酸攻撃を受けた女性。結婚の決め手は顔ではなく内面だった

    もしもし?

    by ,

    5月末に結婚したばかりのインドの新婚カップル、新郎のラフール・クマールと新婦のラリータ・バンジー。合わせた手でハートを作るお決まりポーズで幸せいっぱいだ。

    Chirag Wakaskar

    結婚するまで毎日、何時間も電話で話していたという2人の出会いは、なんと1本の間違い電話。ラリータがかけた間違った電話番号の相手が、ラフールだった。

    Chirag Wakaskar

    電話で仲が深まるにつれ、ラリータはあることを告白することを決心した。

    実は、ラリータはアシッドアタック(酸攻撃)の被害者。ラフールに出会う前の2012年、別の男性との結婚を控えていた頃、顔に酸をかけられ、大火傷を負うこととなった。その傷跡は今も残っている。

    Chirag Wakaskar

    しかし、ラリータの告白をうけたラフールの愛は変わらなかった。

    Chirag Wakaskar

    「愛している、結婚したいと彼女に伝えました。多くのカップルは、お互いの見た目に惹かれて一緒になり、やがて離婚します。でも、彼女の場合、顔で決めたわけじゃない」

    Chirag Wakaskar

    多くの人から祝福されて、2人は晴れの日を迎えた。

    instagram.com

    アシッドアタックを生き延びた人たちを支援する財団が、二人の結婚式をバックアップした。

    相手の顔が見えない電話という方法で愛を育んだ2人。彼らが見ていたお互いの姿は、まさに内面そのものだったのだ。

    ラフールとラリータ、お幸せに❤️❤️❤️

    Chirag Wakaskar

    この記事は英語から翻訳しました。担当:SOKO