go to content

見知らぬ「おばあちゃん」から感謝祭の招待メッセージ。受け取った若者は……

それがおばあちゃんってもの。

11月15日、ジャマルに見知らぬ電話番号からのグループ・メッセージが届いた。そこには、「アマンダ」と「ジャスティン」という家族を含む、感謝祭のディナーのことが書かれていた。 訳が分からなかったジャマルは、メッセージの送信者に誰なのか聞いた。するとその人は「あなたのおばあちゃん」だと知らせてきた。

Jamal Hinton

送り主:「感謝祭のディナーは11月24日、私の家で3時から。来れるなら教えてね。アマンダもジャスティンも来てね。」

ジャマル:「えっ、誰?」

送り主:「あなたのおばあちゃんだよ」

ジャマルは、自分のおばあちゃんがメッセージを送ってきたのだとだと思った。でも、確認のため、写真を送ってくれるよう頼んだ。

Jamal Hinton

ジャマル:「おばあちゃん、写真を送ってくれる?」

送り主:「誰の?」

ジャマル:「おばあちゃんのだよ、笑」

ジャマルは、自分の自撮り写真を送り、孫を間違えていることを、このおばあちゃんに教えてあげた。一応、感謝祭の日に、自分の席を作ってもらうのはまだ可能かと聞いてみた。 すると「あなたのおばあちゃん」は、「もちろん」と、答えた。

Jamal Hinton

ジャマル:「あなたは僕のおばあちゃんではないよ。でも、ディナーに行っていい?」

送り主:「もちろん。みんなにご飯を食べさせてあげたいの。それがおばあちゃんってものよ。」

ジャマルは、「もし本当に感謝祭に招待されたら、もちろん行くよ」と言った。でも、その時はまだ、お互いにファーストネームを教えていなかった。

BuzzFeed Newsは、「アマンダ」が本物の孫のブランドンのガールフレンドだということをつきとめた。「あなたのおばあちゃん」の名前は? ワンダだ。彼らは全員、アリゾナ州メサに住んでいる。

Twitter: @Dizzie149

アマンダとブランドンは、この間違い騒ぎについて「大笑いした」と言った。

「ブランドンの一家はすごく素敵。たとえ初対面だとしても、すぐに家族の輪の中に引き込んでくれる」

そして、ワンダおばあちゃんが言っていた「ジャスティン」とは、ブランドンの弟のボーイフレンドだった。

アマンダは、計画の実現のために、ジャマルにテキスト・メッセージを送った。「よその家の感謝祭の食卓に招かれるのは、いつだって素晴らしいこと」と、ジャマルは言った。

Jamal Hinton

アマンダは「ブランドンが今、ジャマルと感謝祭について話しているところ」だと、語ってくれた。彼らは計画をまとめるため、おばあちゃんからの返信待ちなのだという。

ああ、それからアマンダによりと、ワンダおばあちゃんは電話番号を変えなくちゃならなくなったそうだ。知らない人たちから、職場閲覧不適切系のテキスト・メッセージが送られるようになってしまったからだ。みんな勘弁してね。感謝祭だから。

この記事は英語から翻訳されました。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss