back to top

あなたは探偵です。さあ、この殺人事件を解いてみてください!

「誰がやったのか」。

まずは以下のストーリーを読んでみてください。読み終わると、誰が犯人かを決めてもらいます。

準備はいいですか? では始めましょう!

あなたは1920年代の抜け目のない探偵です。あなたがある朝オフィスの外に出ると、ぞっとするようなニュースが入ってきました…。

Getty Images

「号外、号外!殺人事件が起きたよ!」新聞売りの少年が叫ぶ。

Aarstudio / Getty Images

被害者は? ダウンタウンにあるバー「スピークイージー」のバーテンダー、サッド・ジェリーだ。

Rothivan / Getty Images

誰がサッド・ジェリーを殺したのか? あなたはこの事件を解決できる唯一の探偵。容疑者への聞き込みを始めます。

Getty Images

まず最初は、バージニア・ショーさんの家。彼女は質素な住まいに一人暮らし、結婚はしていません。「私はサッド・ジェリーを知らなかったわ。彼はバーテンダーで、お酒をまったく飲まなかった」と彼女は言いました。あなたは何の収穫もないまま、彼女の家を離れました。

Getty Images

次は危険を冒し、地元のギャングたちが集まることで知られるレストランの奥の部屋へ向かいます。最初に会ったギャング2人に尋ねると、ジェリーの名を出した途端、彼らは顔をしかめ、質問に答えません。

Che Mcpherson / Getty Images

別のギャングにも時間を割いてもらいました。「サッド・ジェリーは賭けに負けて俺に20ドルの借りがある。だからといって俺がヤツを殺したことにはならないぜ」。あなたはその場を後にします。

Getty Images

その夜、あなたはサッド・ジェリーが働いていたスピークイージーに潜入します。「ジェリーが姿を消す前、ジェリーとトランペット奏者のシド・ソーヤーが口論になったらしいよ」と近くにいた誰かが連れに話しています。

Ysbrand Cosijn / Getty Images

ジャズシンガーのバーナ・リーチの唄う歌詞、特にある特定の歌詞に気が付きました。「愛していた、ジェリー / あなたは私を愛することをやめた / 私はそうしなければならなかった / わからないの?」 あなたはこれがどのようなことを意味するのか考え始めました、しかし...。

Getty Images

潜り酒場のオーナーが、あなたの肩を叩きます。彼は妙に陽気に見えます。「きみは探偵だね。私の店に歓迎したいと思っていたんだよ。禁制品なのはわかっているが、誰だって少しは楽しみが必要だろう?」 彼はグラスに1杯のシャンパンをあなたに勧めたが、あなたはそれを断り、引き続き店内を見て回ります。

Getty Images

あなたは隅っこで、ゆったりと音楽を聴く女性を見つけます。バージニア・ショー! 彼女に近寄ることはせずに、明日再び彼女の家を訪れることにします。

Getty Images

翌朝、バージニアの家に再度向います。「号外、号外!怪しげなバーテンダーの殺人事件は未解決だ!」と、新聞売りの少年が叫びます。これには腹が立ってなりません。あなたの探偵としての腕前を侮辱するからです。

Getty Images

あなたが家を訪ねると、「認めるわ、嘘をついていたわ。」とバージニアは言います。「時々、スピークイージーに行ってお酒を飲むの。ジェリーは知っているわ。でも誓って、彼に何が起きたのか私は知らない! 私はただナーバスになっただけ。その夜、私は家にいたわ。嘘じゃない」

Getty Images

オフィスに戻ると、ある人物があなたを待っています。ポリーン・プライスという女優の卵です。彼女はこの殺人事件に関係するある大事なことを知っていると言います。「お金があるときは、時々潜り酒場に行くの。だからジェリーに会ったことがあるわ。1週間ぐらい前、ジェリーが車でハイド・マナーに行くのを見かけたわ。何で覚えているかっていうと、ハイド・マナーに訪問者があったことはほとんどないと聞いていたからよ。あれは確かにジェリーだったわ」

Getty Images

ポーリーンが正直なのか、それともこの事件に関与することで自分の名前を売り込もうとしているだけなのかを見分けるのはとても難しい。あなたが礼を言うと彼女は帰っていきました。

Getty Images

あなたはわずかな見込みに期待してこの手掛かりを追うことに決めました。広大な私有地、ハイド・マナーに向かいます。あなたがこの殺人事件の話題を切り出すと、未亡人のジェラルディン・ハイドはショックを受けた様子です。「ジェリーはほんの1週間ほど前にここに来たのよ。彼は…ジェリーは自家醸造の密造ウィスキーを持ってきてくれたのよ。本当に素晴らしいお酒なの。こんなことが起こったなんて信じられないわ」

Dontreadwell / Getty Images

あなたは中庭でジェラルディンの娘のエイダに会います。彼女は上機嫌です。「ええ、ジェリーは来たわ。彼って素敵よね、とってもハンサムだし。家に泊まっていくよう説得してみたんだけど、でも彼…忙しそうだったわ。残念だわ!とってもハンサムだったのに」

Getty Images

家の中を歩いて戻る際、メイドの1人、ミリアムに会います。あなたは彼女に最近何かおかしなことを目にしなかったか聞いてみることにしました。「いいえ」と、彼女は元気に花瓶を磨きながら笑いました。

Getty Images

階下のキッチンにこっそりと降りていくと、別のメイドのマーベルがモップをかけています。彼女は不安げで、恐らく動揺しています。あなたは彼女にも同じ質問をします。「私は何も…何にも見ていません」と、彼女は早口に言いました。あなたはこの家を出ます。

Getty Images
  1. すべての証拠を集め、あなたは犯人を逮捕する準備ができました。それでは誰がやったのか?

    Correct
    Incorrect
    新聞売りの少年
    Correct
    Incorrect
    バージニア・ショー
    Correct
    Incorrect
    ギャング
    Correct
    Incorrect
    シッド・ソーヤー、トランペット奏者
    Correct
    Incorrect
    ヴァーナ・リーチ、ジャズシンガー
    Correct
    Incorrect
    潜り酒場のオーナー
    Correct
    Incorrect
    ポーリーン・プライス
    Correct
    Incorrect
    ジェラルディン・ハイド
    Correct
    Incorrect
    エイダ・ハイド
    Correct
    Incorrect
    メイドのミリアム
    Correct
    Incorrect
    メイドのマーベル
    Correct
    Incorrect
    探偵
    正解!
    不正解!

    それはエイダ・ハイドだった!

    エイダは婚約していたものの、サッド・ジェリーと会ったとたんに夢中になってしまった。ジェリーの密造酒をグラスに何杯か(あるいはそれ以上)飲んだ後、彼女は彼と駆け落ちしたいと思った。しかし、ジェリーにその気はなく、1週間後、メイドのマーベルだけに秘密を打ち明け、逆上したエイダは復讐を企てたのだった。      わかったかな? 簡単だよね。

    それはエイダ・ハイドだった!
    Via Getty Images

この記事は英語から編集・翻訳しました。