back to top

地球上に残されているとにかく不思議な場所

世の中には変な場所がたくさんある。一挙紹介します。

1. この村はフッキング(Fucking)と名付けられた。

オーストリアにある。ここの住民はフッキングの看板を盗む観光客との間に問題を抱えてきた。
commons.wikimedia.org

オーストリアにある。ここの住民はフッキングの看板を盗む観光客との間に問題を抱えてきた。

2. これは濃いピンク色の湖。

西オーストラリアのヒリアー湖は、いちごミルクでいっぱいになっているように見える。このピンク色は藻の一種であるドナリエラ・サリナ(シオヒゲムシ)という有機体が原因だ。
commons.wikimedia.org

西オーストラリアのヒリアー湖は、いちごミルクでいっぱいになっているように見える。このピンク色は藻の一種であるドナリエラ・サリナ(シオヒゲムシ)という有機体が原因だ。

3. 世界で最も狭い通り。

ドイツのシュプロイアーホフ通りは世界で最も狭い通りだと言われている。その幅は31cm〜50cmだ。この通りは1727年につくられた。閉所恐怖症の人にはおすすめしない。
commons.wikimedia.org

ドイツのシュプロイアーホフ通りは世界で最も狭い通りだと言われている。その幅は31cm〜50cmだ。この通りは1727年につくられた。閉所恐怖症の人にはおすすめしない。

4. このもの凄く細い家は“本当に”悪意から建てられた。

1870年頃のボストンで2人の兄弟が、亡くなった父親から土地を相続した。兄弟の1人は南北戦争で戦うために出かけた。もう1人の兄弟は相続した土地の上に大きな家を建てた。そして兵士になった兄弟には、ほんのわずかの土地だけを残した。戦争から戻った時、兵士になった兄弟は言った。「おいおい、なってこった?」 それで兵士になった兄弟は、ほんのわずかの土地の上にこのやせっぽっちの家を建てた。兄弟にしっかりと嫌がらせするために。このやせっぽっちの家は、うまいこと兄弟の家に太陽光が入るの遮り、家の景観も台なしにした。
commons.wikimedia.org

1870年頃のボストンで2人の兄弟が、亡くなった父親から土地を相続した。兄弟の1人は南北戦争で戦うために出かけた。もう1人の兄弟は相続した土地の上に大きな家を建てた。

そして兵士になった兄弟には、ほんのわずかの土地だけを残した。戦争から戻った時、兵士になった兄弟は言った。「おいおい、なってこった?」

それで兵士になった兄弟は、ほんのわずかの土地の上にこのやせっぽっちの家を建てた。兄弟にしっかりと嫌がらせするために。このやせっぽっちの家は、うまいこと兄弟の家に太陽光が入るの遮り、家の景観も台なしにした。

5. この丘は頂上に巨大なぬいぐるみのウサギがいる。

ウィーンのアート集団「ゼラチン」は長さ約60メートル、高さ約6メートルのピンクのぬいぐるみを作り、イタリアのピエモンテ州北部の丘の上に設置した。このぬいぐるみは2005年に公開され、2025年まで置かれる予定だが、すでにかなりくたびれてきている。ハイキングをする人は、この丘に登ったら少し休むといい。
en.wikipedia.org

ウィーンのアート集団「ゼラチン」は長さ約60メートル、高さ約6メートルのピンクのぬいぐるみを作り、イタリアのピエモンテ州北部の丘の上に設置した。

このぬいぐるみは2005年に公開され、2025年まで置かれる予定だが、すでにかなりくたびれてきている。ハイキングをする人は、この丘に登ったら少し休むといい。

6. この土地はどの国も領有権を主張していない。

1902年にイギリスはエジプトとスーダンの国境線を決めたが、その国境線は1899年にすでに設置されていたものとは違っていた。そのため、2つの土地が論争の的となった。すなわち、ビル・タウィールとハラーイブ・トライアングルだ。エジプトとスーダンはいずれもハラーイブ・トライアングルの領有権を主張した。手に入れたい天然資源があるためだ。一方、ビル・タウィールには何もなかったため、いずれの国も領有権を主張しなかった。
commons.wikimedia.org

1902年にイギリスはエジプトとスーダンの国境線を決めたが、その国境線は1899年にすでに設置されていたものとは違っていた。そのため、2つの土地が論争の的となった。すなわち、ビル・タウィールとハラーイブ・トライアングルだ。

エジプトとスーダンはいずれもハラーイブ・トライアングルの領有権を主張した。手に入れたい天然資源があるためだ。一方、ビル・タウィールには何もなかったため、いずれの国も領有権を主張しなかった。

7. この有名なフェンスはブラジャーで知られている。

カードローナのブラ・フェンスは、論争の的となっていたニュージーランドの観光地で、フェンスにぶら下げられたブラジャーでできていた。90年代に最初は2、3のブラジャーから始まったものが、最後は何百ものブラジャーにまで増えた。町の職員はこのフェンスを目障りで交通の障害になるものと見なし、2006年に撤去した。
commons.wikimedia.org

カードローナのブラ・フェンスは、論争の的となっていたニュージーランドの観光地で、フェンスにぶら下げられたブラジャーでできていた。

90年代に最初は2、3のブラジャーから始まったものが、最後は何百ものブラジャーにまで増えた。町の職員はこのフェンスを目障りで交通の障害になるものと見なし、2006年に撤去した。

8. このオフィスビルは高速道路が中を貫通している。

大阪のゲートタワービルは、5階、6階、7階を高速道路が貫通している。高速道路はビルと接触しておらず、騒音と振動を減らすためにシェルターに囲まれている。そして見た目もかっこいい。
commons.wikimedia.org

大阪のゲートタワービルは、5階、6階、7階を高速道路が貫通している。高速道路はビルと接触しておらず、騒音と振動を減らすためにシェルターに囲まれている。そして見た目もかっこいい。

9. このオランダの自治体は小さなベルギーの飛び地で構成されている。

バールレ=ヘルトフはオランダの自治体で、いくつかのベルギーの飛び地で構成されている。このため、国境線がレストラン、家、店舗を通り抜けている。国境はとても複雑なこともある。つまり…とにかく上の写真を見て欲しい。
commons.wikimedia.org

バールレ=ヘルトフはオランダの自治体で、いくつかのベルギーの飛び地で構成されている。このため、国境線がレストラン、家、店舗を通り抜けている。国境はとても複雑なこともある。

つまり…とにかく上の写真を見て欲しい。

10. 世界で最も急勾配な街路がニュージーランドにある。

ギネスブックによれば、ニュージーランド、ダニディンのボールドウィン・ストリートは世界で最も急勾配な街路だと考えられている。この街路は19世紀中頃に、ロンドンの都市設計家が地形をまったく考えず、格子模様の中に道路を建設した際につくられた。ゴミ箱やクーラーボックスを運ぼうとした人々をひどく困らせてきた。
commons.wikimedia.org

ギネスブックによれば、ニュージーランド、ダニディンのボールドウィン・ストリートは世界で最も急勾配な街路だと考えられている。

この街路は19世紀中頃に、ロンドンの都市設計家が地形をまったく考えず、格子模様の中に道路を建設した際につくられた。ゴミ箱やクーラーボックスを運ぼうとした人々をひどく困らせてきた。

11. この日本の森は自殺の名所として人気がある。

富士山のふもとに、自殺場所として日本で最も人気があるとされる、忘れられないほど美しい森がある。2010年には、この森の中で200人の人々が自殺を試みたと警察は記録している。そのうち54人が実際に自殺を遂げた。
commons.wikimedia.org

富士山のふもとに、自殺場所として日本で最も人気があるとされる、忘れられないほど美しい森がある。

2010年には、この森の中で200人の人々が自殺を試みたと警察は記録している。そのうち54人が実際に自殺を遂げた。

12. この南オーストラリアの鉱山都市では人々は地下に住んでいる。

クーバーペディは南オーストラリアの鉱山都市で、地下に住宅があることで知られている。地上の気温は摂氏40度を超えることがあるので、住民は地下の洞窟に住むことを選んできた。洞窟の家、洞窟の教会、洞窟の宝石店(上の写真)まである。
commons.wikimedia.org

クーバーペディは南オーストラリアの鉱山都市で、地下に住宅があることで知られている。地上の気温は摂氏40度を超えることがあるので、住民は地下の洞窟に住むことを選んできた。

洞窟の家、洞窟の教会、洞窟の宝石店(上の写真)まである。

13. これはイギリスにある、とても複雑なラウンドアバウトだ。

commons.wikimedia.org

この「マジックラウンドアバウト」は反時計回りの大きなラウンドアバウトを取り囲む、5つの小さなラウンドアバウトからできている。このラウンドアバウトは通るのがとても難しい場所だと思われているが、実際はかなり安全だという記録がある。

14. この礼拝堂は4万人以上の人々の骨で飾られている。

チェコ共和国には、4万人から7万人の人々の骨が含まれていると推定される礼拝堂がある。骨の大部分は1511年に共同墓地から掘り出されたもので、半盲の修道士により芸術的に並べられた。
commons.wikimedia.org

チェコ共和国には、4万人から7万人の人々の骨が含まれていると推定される礼拝堂がある。

骨の大部分は1511年に共同墓地から掘り出されたもので、半盲の修道士により芸術的に並べられた。

15. イエス・キリストの墓が……日本にあった。

ここがイエス・キリストの永眠の地だと主張する小さな村が日本にある。伝説によれば、イエスは十字架の上では死ななかった。代わりに、イエスの兄弟イスキリが身代わりとなり、キリストは日本に逃れた。キリストは米をつくる農民となり、結婚して、106年に亡くなったそうだ。

ここがイエス・キリストの永眠の地だと主張する小さな村が日本にある。伝説によれば、イエスは十字架の上では死ななかった。代わりに、イエスの兄弟イスキリが身代わりとなり、キリストは日本に逃れた。

キリストは米をつくる農民となり、結婚して、106年に亡くなったそうだ。

16. これらの島は日付け変更線で区切られている。

この2つの島はダイオミード諸島だ。小さな島、リトルダイオミード島はアメリカ合衆国に属し、一方大きな島、ラトマノフ島はロシアに属している。2つの島は国際日付け変更線で区切られているため、21時間の隔たりがある。だから、どちらの島に立っているかによって、明日か昨日かのどちらかを覗いていることになる。
commons.wikimedia.org

この2つの島はダイオミード諸島だ。小さな島、リトルダイオミード島はアメリカ合衆国に属し、一方大きな島、ラトマノフ島はロシアに属している。2つの島は国際日付け変更線で区切られているため、21時間の隔たりがある。

だから、どちらの島に立っているかによって、明日か昨日かのどちらかを覗いていることになる。

17. このアメリカ領土に行くには、カナダを通る必要がある。

commons.wikimedia.org, commons.wikimedia.org

ノースウエスト・アングルはミネソタ州の一部だが、ちょっとした測量ミスによりアメリカから分断されていて、唯一陸上で接するのはカナダだけだ。

だから、もし陸沿いにアングルに行きたいなら、まずカナダを横断しなければならない。カナダとアングルの間の国境検問所は無人なので、入国管理官に自分のことを申告するために、テレビ電話を使う必要がある。

18. ウェールズのスランヴァイルプールグウインゲルゴウゲールウクウィールンドロブウリスランダスイハオゴゴゴッ……

ウェールズにあるこの町の名前は、ヨーロッパでは最も長い1語の地名。世界では2番目に長い。この名前は1860年代に生まれたもので、宣伝行為の1つだと見なされている。
commons.wikimedia.org

ウェールズにあるこの町の名前は、ヨーロッパでは最も長い1語の地名。世界では2番目に長い。

この名前は1860年代に生まれたもので、宣伝行為の1つだと見なされている。

19. この島は人口がゼロだが、人里離れた狩猟小屋が1つある。

commons.wikimedia.org

エトリザエイはアイスランドの南に位置する島だ。この島は、人嫌いの人なら誰にでもぴったりの小さな狩猟小屋で知られている。

島にいる唯一の野生動物はツノメドリだ。インターネットでは、この家はビョークのものだと信じられていたが、(残念ながら)間違いだとわかった。

この記事は英語から翻訳されました。