『ジュラシック・ワールド』最新作、コロナ禍で撮影を再開。キャストが明かす安全対策

    人気シリーズ『ジュラシック・ワールド』で、イアン・マルコム博士役を演じるジェフ・ゴールドブラム。新作『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』のコロナ禍での撮影について、彼がインタビューで語ったこととは。

    2015年に第1作が公開された『ジュラシック・ワールド』シリーズの3作目となる、『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』が制作中だ。同シリーズに出演するジェフ・ゴールドブラムが、撮影の舞台裏を明かした。

    Kevin Winter / Getty Images

    作中でジェフは、イアン・マルコム博士役を演じている。

    新型コロナウイルスの世界的大流行を受け、エンタメ業界では作品製作が次々と中止になった。同作の撮影スタジオも、3月に閉鎖された。

    しかし、世界各地でロックダウンが緩和され始めたため、『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』と『アバター2』がハリウッドの超大作映画の撮影再開第一弾になると報じられた。

    エンタメ情報メディアのデッドラインによると、ユニバーサルは新型コロナ感染予防対策に一切の費用を惜しまず、検査などに約500万ドル(約5億3600万円)を費やしたという。

    トーク番組にリモートで出演したジェフは、新型コロナ感染予防に関する厳格な措置を確認したと語った。撮影再開に向けてロンドンに移動する準備中、「109ページ」にわたる文書を受け取ったことも明らかにした。

    Noam Galai / Getty Images

    「私たちは約1週間半後に、全員でイギリスに向かいます。感染対策事項は多くありますが、安全には気をつけて『ジュラシック・ワールド』の撮影を行います」

    Universal Studios

    「109ページにも及ぶ(安全に関する)資料を受け取りました。製作陣は私たちの安全を確保するために、心と魂、多くのお金を費やしてくれました。クルーとキャスト全員が、安全な場所で隔離生活を行います。検査などの必要なものは全て揃っています 」

    ブライスも今回の措置について、インタビューで話している。

    Cindy Ord / Getty Images

    「頻繁にコミュニケーションを取り合っています。(キャストやクルーは)期待以上の対応をしてくれています。安全でなければ、私たちは仕事に戻っていません」

    「キャストやクルー全員との日常的なコミュニケーションがあって良かったです」

    「『どうやってやる?どうやって安全に進める?』と一貫して話し合いながら、妥協しないことが大切です。誰かの健康をそこないかねませんから」

    新型コロナ陽性者が出たため、ジュラシック・ワールドは撮影は中止になったという情報が流れたが、ユニバーサル・スタジオは否定した。

    Rich Fury / Getty Images

    撮影再開初日に、何人かのクルーがCOVID-19の陽性反応を示したとの報道があり、製作側は混乱に陥ったようだ。

    ユニバーサル社の広報担当者は次のように述べている

    「『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』が撮影を中止したという報道は、まったくの事実無根です」

    「今日で撮影5日目に入りました。この素晴らしいプロジェクトのためにカメラの前に戻ることができ、嬉しく思います」

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:吉谷麟