アウトドア派じゃない私が挑んだマチュピチュの全行程

    結論:行ってよかった!

    BuzzFeed編集部のアリエルです。私ごとですが、先日マチュピチュに行ってきました!

    Arielle Calderon

    見てこの景色!

    マチュピチュに登った後、Instagramで質問を募集して見ました。

    Instagram: @ariellesays

    中でも1番多かったのは「アクティブ派じゃない私でも行けそう?」という質問。

    「非アクティブ派」とひとことで言っても、運動の頻度や健康状態などは人それぞれ。ちなみに、私は週1でワークアウトする程度です。

    ニューヨーク在住なので、歩いて移動することは多いかな。自分ではアクティブ派とは思っていませんが、参考までに私の体験をまとめました。

    その1:自分にあった登山経路を選ぶ

    llamapath.com

    マチュピチュまでの道のりは複数パターンあり。自分にあった経路を選ぶべし。3泊4日ツアーを選ぶ人が多い中、私は自分には1泊2日ツアーがベストと判断。

    私が選んだ1泊2日ツアーは、初日に6、7時間の登山でマチュピチュへ。夜はアグアスカリエンテスのホテルで1泊。翌朝、再びバスでマチュピチュに戻るというもの。

    その2:標高を頭に入れておく

    Arielle Calderon

    マチュピチュの標高は2400メートル。私は標高差による影響はありませんでしたが、肺や心臓に疾患があったりする抱える人には難しいかも。

    その3:持っていった物はこれ

    Arielle Calderon

    私が登山に持っていたのはこんな感じ。

    ・パスポート

    ・水2リットル

    ・防水ジャケット/レインポンチョ

    ・帽子&サングラス

    ・日焼け止め&虫除け

    ・トイレットペーパー&消毒液

    ・お弁当&おやつ

    ・着替えのTシャツと靴下

    1泊2日ツアーの時系列はこちら!

    5:15am:申し込んだツアー会社のLlama Pathが、滞在先のAirbnbにお迎え

    Arielle Calderon

    滞在時期の気候は確認しておくと良いです! 私が訪れたのは8月末ですが、この日は寒かった。防寒のためTシャツの上にレインジャケットを羽織っていました。

    ただ、登山を始めると日も出て暑くなります。

    6:33am:朝ごはんのためレストランに立ち寄り

    Arielle Calderon

    朝食はビュッフェスタイル。ここで水やオヤツを確保しました。補水は重要。

    7:45am:オリャンタイタンボから電車に乗り込む。

    Arielle Calderon

    快適すぎてずっと寝てました。

    9:00am:登山口到着。

    Arielle Calderon

    登山受付を済ませてトイレ休憩。日焼け止めや虫除けを塗り、いよいよ準備完了!

    ここからお昼の休憩場所までトイレもなし!

    9:26am:最初のインカ遺跡に。

    Arielle Calderon

    スタートしてすぐ。まだまだ序の口。

    10:05am:ヘアゴムが切れる。

    Arielle Calderon

    ヘアゴムが切れて、ソフィーというイギリス人の女の子(他人)にヘアゴムを借りる。まじで助かった! この流れでちょっと休憩もしました。無理せず自分のペースで行くのがエネルギー温存の鍵。

    11:57am:スタートから2時間半。早くも死にそう。

    Arielle Calderon

    滝に到着。この時点ですでに脚パンパン。筋肉を冷やさずアクティブ状態に保つため、休憩時間は短くとること。私は30分に1回くらい休憩して、水を数口飲むというスタイル。

    12:15pm:Wiñay Waynaに到着。ここから362段の階段を登ります。

    Arielle Calderon

    ここまで3時間。かなり疲労溜まってきたけど、まだまだ半分。ここから階段かと思うと気が重くなるけど、もうすぐお昼休憩だと自分を励まして進みました! 次の休憩は目標とやる気になる!

    12:38pm:キツい。

    Arielle Calderon

    上の方にいた人が写真撮ってくれた。脚パンパン。膝が笑ってる。

    1:00pm:お昼休憩!

    Arielle Calderon

    やっとランチ休憩!ツアーにお弁当も付いていて、中身はチキン、キノア、野菜、オレンジ、アボカド、これにプロテインバーがついてました。

    これまでの4時間は本当にキツかったけど、ここからは比較的平坦。

    3:18pm:サンゲート到着前30分くらいが鬼ツライ。

    Arielle Calderon

    傾斜もきついし階段です。ただ、これをクリアすればあとはラク! 私が参加したツアー行程で、最も高い位置にあるのがサンゲート。つまり、ここからあとは下りのみ。

    4:28pm:下り道1時間くらいでマチュピチュに到着! この絶景をみて!

    Arielle Calderon

    登りが続いたあとの下りは天国。ただ、下りで使う筋肉は登りとは別なので、それはそれできつい。脚はガクガクで生まれたての子鹿状態。

    マチュピチュにて景色堪能&撮影後は、歩きかバスか選べる。

    Jen Nicholls

    マチュピチュから宿泊先のホテルまでは、1時間ほどのハイキングかバスか選べます。マチュピチュでリラックスしてしまい気が抜けた&疲労困憊の私はバスをチョイス。アグアス・カリエンテに向かいます。ちなみに、バスの乗車賃は片道12ドル。

    翌朝、4:30am起床。

    Arielle Calderon

    バス乗り場でガイドさんと落ち合い、再びマチュピチュへ。遺跡を歩きますが、昨日の疲れで脚が痛い。

    メモ:マチュピチュ行きのバスは5:30am発ですが、4時には人が並び始めます。けっこう長い列なので、早起きして早めに並ぶこと。あと、マチュピチュではパスポートにスタンプ押してくれます。

    結論:行ってよかった!

    Arielle Calderon

    アウトドア&アクティブ派ではない私ですが、マチュピチュ登山成功! 私からのアドバイスは、水分補給をしっかりすること、きちんと休憩をとること、ゆっくり自分のペースで進むこと、そして自分にあったツアーを選ぶこと。

    2時間のツアーも。

    Arielle Calderon

    自分にあったツアーで言うと、アグアス・カリエンテから階段で登る経路もあります。2時間ほど。いっそのこと、行きも帰りもバスという手も。マチュピチュを見たい気持ちと、移動手段は関係なし! 自分にあった方法で行こう。

    どんな方法で行っても、マチュピチュは美しい。

    Arielle Calderon

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan