• WTF badge

何か嫌な予感がする…。的中してしまった10人の不思議な体験

予感が当たりませんようにという思いもむなしく…。

虫の知らせ。

何かよくないことが起きるのを感じる虫の知らせ。モヤモヤ。ジトジト。いやぁな気分。

BuzzFeed読者に、的中してしまった悪い予感エピソードを聞いてみました。

1. 上司の間

数年前のこと。退社前に上司に一声かけに行った時、上司が私の顔を見て微妙な顔をしたことがありました。

変な間があってから、上司は「いい週末をね」と一言。

翌日、自転車で出かけると、なんとひき逃げにあい怪我を負いました。

幸い軽傷で済んだので、週末が明けて出社し、病院からの書類を提出すると、上司は事故が起きることを知っていたといいます。

あの微妙な顔と変な間は、週末はケガしないように気をつけてと私に言おうとしていたのだとか。

でも、不思議な力が働き、声が出なかったんだと。

上司の予知に加え、うちのおばあちゃんも嫌な予感がしていたことが後からわかりました。

その週末、おばあちゃんは旅行に行っていました。後に彼女は「何か事故が起きる気がしていたから、本当は旅行なんて行くべきじゃないと分かっていた」と言っていました。

robyntheresa

NBC

2. 病気になると夢を見る

13歳のとき、キャンピングカーが立ち並ぶ駐車場でトルネードに襲われるという夢を見ました。

真夜中に目が覚めると体調は最悪。早朝には急患で病院に向かいました。

そのまま入院することになり、その日の夜は病院のベッドでテレビを見ていました。

すると、イリノイ州のあるキャンプ専用駐車場で、トルネードが直撃したというニュースが流れてきました。

それ以来、体調がすごく悪い時には同じような嫌な予知夢を見ることがたびたびあります。

amanimasri06

3. 記憶から消された会話

数年前、私と姉と、私たちの共通の知り合いの男性3人でランチをしていました。

途中でトイレに行き、席に戻った私は、男性にこう言いました。

「まさか奥さんがまた妊娠するとはね。もう子どもいらないって言ってなかったっけ?」

姉と男性はびっくりした顔をして私を見て、いきなりどうしたの?と。

とっても不思議なんですが、私はトイレに行く前、男性の妻は妊娠しているという話をしていたはずなんです。

それなのに、2人は「そんな会話はなかった」と…。

数週間後、その男性から電話がありました。妻が妊娠していることがわかったそうです。

pandabear14

4. 父の予感

週末はホテルに泊まるというミニ家族旅行を計画していた時、パパが急に「旅行はやめた方がいい」と言い出しました。何か悪いことが起きる気がすると。

私が死んで、オバケになってフラフラしている夢を見たっていうんです。せっかく計画していたので、ママはただの夢だといいミニ旅行を決行することに。

その結果、私がプールではさまり、溺れるという事故が発生。救助されたときは、息もなく心臓も停止していたそうです。

病院へ搬送される途中で目を覚まし、なんとか一命は取り止めました。

izsoka

NBC

5. 運転しないで

ある日の夜、お姉ちゃんが、家の裏に停めている車を移動させてバスケをしようといいだしました。

私は言葉では表せない嫌な気持ちが込み上げてきたので、両親にはお姉ちゃんに運転させないよう頼んだのですが…私の意見はスルー。

私は怖くて毛布にくるまっていました。その数分後、お父さんの叫び声が聞こえました。

なんと、車が家の裏の坂道を滑り、谷に転がり落ちていったのです。

しかし幸いなことに、お姉ちゃんは車に乗っていませんでした。

どうやら、車のギアをニュートラルにしたままだったようです。

melanief4ff818d12

6. 赤ちゃんの癇癪

私が赤ちゃんの頃、パパは出張でよくスイスに行っていました。

私はあまり泣くことのない赤ちゃんだったそうですが、ある日、パパが出張に行く日にどうにも大泣きしたことがありました。

何をしても泣き止まず、パパもママも不思議だったと言っていました。

赤ちゃんの私がいくら泣いたところで、パパは出張に行くわけですが、スイスの出張先で大きな雪崩が発生。

交通手段がマヒし、パパは陸の孤島となった出張先の街で3週間も足止め。ヘリから救助物質をうけて生活する緊急事態になったそうです。

shannonbenson

7. 救急室の夢

2002年5月、父が心臓発作で倒れました。

その前日の夜、妹と私が緊急治療室の壁の前に立ち、父が横たわるベッドに群がる医者や看護師を見つめるという夢を、私は見ていました。

夢がそのまま現実になったのを覚えています。幸い、父は一命を取り留めました。

jessieb495ffa816

8. 階が違う

仕事から車で帰宅したときのこと。今まで1度もこんなことは無かったのですが、その日は階を間違えました。

フロアを間違えて車を停めてしまったらしく、そのまま自分の家ではないフロアへ。

ドアの前に来て、オーダーしておいたスーパーのデリバリーが届いているのを確認し、鍵をドアにさすも開かない。

そこで初めてフロアを間違えたことに気づきました。でもこれって、ネットスーパーの配達も偶然ながら間違っていたということ。

頭のどこかでスーパーの配達が間違っているのに気づいていたような感覚?

—Anonymous

NBC

9. 2月か3月

今年の頭、夫と2人でシアトル旅行を計画していました。私は2月上旬を提案、夫は3月を希望。

なぜかわかりませんが、どうしても2月に行かないとダメだという気がして夫を説得しました。

後に新型コロナによるロックダウンが始まったので、3月だったら旅行は絶対無理でした。

wittak26

10. 悲しい予感

2014年3月、妊娠20週だった私はモヤモヤ嫌な予感があり、お腹の赤ちゃんの様子がおかしいような気がして不安になっていました。

母に相談すると「心配しすぎだよ」と言われましたが、その1週間後の検診で、赤ちゃんがお腹の中で亡くなっていることが発覚。

何も物理的なサインがあったわけではなかったけど、私にはなんとなくわかっていて、「やっぱりそうか」と思いました。

この赤ちゃんについては他にも予兆が。母が12週検診のエコー写真を飾っていたのですが、窓からの光で写真の一部に焦げて穴が開いていたんです。

母がこの家に住んで20年以上、窓からの光でモノが焦げるなんてこと1度もなかったのに…。

kazp2

この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan