• animaljp badge

ついに「しゃべる犬」が現れた…!ボタンを使ってコミュニケーション

犬と話してみたい人、必見です😊

シェパードゥードル(ジャーマンシェパードとプードルのミックス犬)のバニーには、あるユニークな特技があります。なんと「言葉」で意思伝達ができるのです!

飼い主のアレクシス・デヴィンさんは約1年前、フレーズや単語を発するボタンを使ったコミュニケーション方法をバニーに教え始めました。

バニーは今では、「外」「ビーチ」「ママ」「水」など、70を超えるボタンを使って、会話をすることができます。

言語聴覚士のクリスティーナ・ハンガーさんが、彼女の愛犬にボタンを使った会話を教えていたのを知り、アレクシスさんもバニーに会話を教えようと思ったそうです。

バニーが初めて使ったボタンは「外」。アレクシスさんがバニーと外へ出るとき、何度も「外」のボタンを押して、教えていたそうです。

A young Bunny sits at the door next to a button
@what_about_bunny / Via tiktok.com

そして数週間後、バニーは「外」ボタンの使い方を習得しました!

「何度もボタンを押すことで、バニーはそれぞれのボタンの意味を覚えます」と、アレクシスさんはニュースサイトMashableにこう話しています。

Bunny waits for her owner's response
@what_about_bunny / Via tiktok.com

アレクシスさんとバニーの愛らしいやり取りは、TikTokやインスタグラムで一躍有名に!

バニーは痛みを感じているときも、コミュニケーションが取れるようになりました。

今まで犬には理解不可能だと思われていた「時間」や「過去」の概念も、バニーは理解できているようです。

本当に英語でコミュニケーションが取れています…すごい!

質問だっておてのもの。

バニーを真似するミーム(おもしろ動画)まで作る人もでてきました。

バニーのこれからの成長が楽しみです!

バニーの各種SNSはこちらから👇

TikTok: @what_about_bunny

Instagram: @what_about_bunny

この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:アシュウェル英玲奈