耳鼻科で本気の耳掃除したら大変なことになった!

    耳かすのラスボス登場。

    by ,

    「本気の耳掃除」したことありますか?

    自分で耳かきや綿棒を使うのではなく、プロの手によるプロのマシンでの耳掃除。プロの手にかかれば、こんな大物がでてきます。

    今回、耳鼻科にてプロ耳掃除を体験したのは、ケーン、ミカラ、ジェスの3人。3人とも東アジアがルーツのアジア系アメリカ人。東アジアの人の耳かすは乾燥している説を検証するためにお願いしました。

    3人の耳掃除を担当したカリミ医師。

    BuzzFeedBlue

    カリミ医師も、アジア人の耳かすはカサカサポロポロしている場合が多いとコメント。

    まずは、ケーンの耳。ぉ、おぅ…。

    BuzzFeedBlue

    ミカラの耳。綿棒で耳掃除するというミカラ、耳かすが奥に押しやられ固まっています。

    BuzzFeedBlue

    綿棒は使わないというジェス。耳かすは前面に押し出されています。これは、実は理想の状態。

    BuzzFeedBlue

    しかし、ジェスの耳の奥に傷を発見! これは、指で耳の奥引っ掻いた時にできたもの。

    BuzzFeedBlue

    耳チェックのあとは、いよいよお掃除タイム。

    BuzzFeedBlue

    耳かすを掻き出すという、なんともいえない映像…。

    BuzzFeedBlue
    BuzzFeedBlue

    本人も驚愕の耳かす。

    BuzzFeedBlue

    スゴイ大物とれた。

    BuzzFeedBlue
    BuzzFeedBlue

    綿棒で耳をゴリゴリやるのはかゆみの原因です。プロの耳掃除、興味わきました?

    気持ちいいいいいい!!!!!!

    YouTubeでこの動画を見る

    BuzzFeedBlue / Via youtube.com

    この記事は英語から翻訳されました。