back to top

母の縫ってくれた衣装で強くなれた。ビヨンセが語る、ファッションの力

「私たち一人ひとりの本当の美しさや強さを、表現させてくれる」

ファッションに多大な貢献をした人に送られるCFDAファッション・アワード。6日、ファッション・アイコン賞を受賞したビヨンセが、授賞式に出席し、ファションの力について、力強いスピーチをした。

ピンストライプ柄のジバンシーのスーツで登場したビヨンセ。ポップグループ「デスティニーズ・チャイルド」のメンバーとしてデビューしたころ、母のティナさんがハイブランドのショールームを回って衣装を探したものの、断られ続けた過去を披露。その結果、着用することになった母の手作りの衣装をまとうことで「強くなることができました」と語った。

また、ファッションには特別な力があると話し、「ファッションが大好きな女の子たちが、広告看板や雑誌の表紙をみたとき、自分の姿が投影されていると感じられる社会をつくるために、貢献してほしい」と話した。

スピーチの日本語訳はこちら。

ファッションはいつも私の生活の一部でした。私は生まれる前から、ファッションの影響を受け始めていたんです。ご存知ない方も多いかもしれませんが、私の祖母はお針子でした。祖父母には十分なお金がなく、母が通っていたカトリック学校の学費が払えませんでした。祖母は母の学費と引き換えに、司祭や修道女の服や、学生服を縫っていました。祖母は母にも裁縫を教えました。

私たちが「デスティニーズ・チャイルド」としてデビューしたばかりの頃。高級ブランドは、私たちのような、カーヴィーな体型の4人の黒人の田舎娘に着せる服を作りたがりませんでした。私たちにも、デザイナーのドレスや、オートクチュールを買う経済的余裕はありませんでした。母は私たちの衣装を探してくれましたが、ニューヨークの全てのショールームに断られたんです。でも母は祖母のように、自分の才能と創造力を駆使して、私たちに夢を与えてくれました。私たちが着た最初の衣装は全て、母と、今は亡きおじが作ってくれました。何百個ものクリスタルやパールを1つずつ縫い付け、細かいディテールにもあふれるばかりの情熱と愛情を注ぎこんでくれました。出来上がった衣装で身を包むと、まるでファンタジー・ドラマの「ゲーム・オブ・スローンズ」のKhaleesiのような気分になりました。母の縫ってくれた衣装をまとうことで、強くなることができました。どのブランドの服よりも、価値のあるものでした。

私が尊敬する、素晴らしく美しい母。彼女は今夜、この会場に来ています。母と、祖母、おじは、いつも私と一緒にいました。私はいつも全力を尽くしてきました。母がデザインしてくれたドレスは、数限りなくあります。ウエディング・ドレス、初めてCFDAアワードを受賞した時のドレス、プロム用のドレス、初めてグラミー賞を受賞した時のドレス。全てが、私にとっての真のパワーの源でした。ファッションにはそういう力があります。自分自身のアイデンティティを、発揮させてくれるツールなのです。これまで着てきた全ての服は流行を超越した、私たちの大切な思い出がつまった、タイムカプセルなのです。だから、母と、祖母と、おじに感謝します。表面にあらわれるものよりも、人間としての存在感が重要だということを、ファッションを通じて私に教えてくれたから。リスクを恐れず、懸命働き、自分の夢を実現するために努力して生きることを、教えてくれて、ありがとう。

全てのファッションデザイナーたちにも、私は感謝の気持ちを伝えたいです。ファッションデザイナーの皆さんは、悩める私たちを助けてくれる妖精で、マジシャンで、彫刻家で、時にはセラピストでもあります。どうか皆さんが持っている、特別な力を忘れないで下さい。ファッションが大好きな女の子たちが、広告看板や雑誌の表紙をみたとき、自分の姿が投影されていると感じられる社会をつくるために、貢献してほしいと思います。魂には、色も形もありません。魂の輝きは、目に見えるものを超越します。ファッションデザインには、人々のものの見方を変える力があります。ひらめきや力を与え、一人一人が抱えるやっかいな問題を受け入れたり、欠点を直視したりする力があります。ファッションには、私たち一人ひとりの本当の美しさや強さを、表現させてくれる力あるのです。この素晴らしい賞を本当にどうもありがとうございます。今夜のことは決して忘れません。神の祝福がありますように。どうもありがとう。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss