back to top

米次期大統領の長女のブランド「イヴァンカ・トランプ」日本進出か 「政治の私物化」との批判も

米国内ではボイコットも起きていた

トランプ次期米大統領の長女イヴァンカさん(35)が、日本のアパレル「サンエー・インターナショナル」(本社・東京)との事業交渉を進めていることがわかった。ニューヨーク・タイムズなどが報じた。約2年前から契約交渉を進めていたという。

サンエー・インターナショナルは、「ADORE」「JILLSTUART」「DIANE von FURSTENBERG」「HUMAN WOMAN」など主に女性向けのブランドを百貨店などで展開し、20〜30代の女性向けファッション誌にも多く登場している。

大統領選でイヴァンカブランドの人気上昇

イヴァンカさんのブランド「イヴァンカ・トランプ」の商品は現在、日本では、海外ファッション通販サイト「waja」や一部のセレクトショップで販売している。wajaによると、30〜40代の働く女性に人気があるといい、米大統領選でトランプ氏が当選した直後の11月中旬、ページアクセス数がそれまでの400倍に増えた。

政治とビジネスの切り分けは?

イヴァンカさんは、大統領選後、新閣僚を選定するための政権移行チームに加わっている。安倍晋三首相が11月17日(現地時間)、トランプ氏の自宅を訪れて初会談した際、イヴァンカさんは夫妻で同席していた

政府の要職についていないイヴァンカ夫妻が外交の場に同席したことについて、米国内では疑問視する声が上がっていた。

there is literally zero reason for Ivanka Trump to be sitting in on meetings with heads of state other than her own personal benefit

イヴァンカ・トランプが他国の首脳との会談に同席する理由はない。個人的な利益享受が目的だ。


トランプ氏は事業から手を引くとしており、イヴァンカさんは現在、父親の会社の経営に関わっている。

米国内では大統領選の期間中、イヴァンカさんのブランドのボイコット運動も起きていた。


【関連記事はこちら】






Akiko Kobayashiに連絡する メールアドレス:akiko.kobayashi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.