back to top

2分で振り返ってみよう、ネイル100年の歴史

お気に入りはどの年代?

ネイルにだって歴史がある。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

ライフスタイルマガジンを発行しているMode社が100年のネイルデザインの変化を解説した動画をアップしました。

簡単に振り返ってみましょう💅

1916年、日本では大正デモクラシー。

当時は「シンプル」が定番、短くそして表面を綺麗にすることだけ。
Mode / youtube.com

当時は「シンプル」が定番、短くそして表面を綺麗にすることだけ。

ネイルに革命を起こしたのはレブロン。

1930年代初頭、チャールズ・レブロンがエナメル質のネイルを開発。そこから現在の化粧品会社レブロンが誕生しました。

それまでは、今で言う「トップコート」、薄くて透明なものしかなかったのです。レブロンから生まれた発色の良い"ネイル エネメル"は、当時の女性たちの心をわし掴み♥

ここからどんどんネイルは進化していきます。

1936年、日本では昭和が始まった頃。

レブロンのエナメルネイルにより少しずつ"デザイン"を楽しむ時代に入ります。その先駆けとなったのがこの「ハーフムーン」と呼ばれるデザインです。
Mode / youtube.com

レブロンのエナメルネイルにより少しずつ"デザイン"を楽しむ時代に入ります。

その先駆けとなったのがこの「ハーフムーン」と呼ばれるデザインです。

1956年、日本では"ジーパン"が流行しました。

第二次世界大戦が終わり、ヨーロッパではクリスチャン・ディオールが提案した「ニュールック」というファッションが流行します。
Mode / youtube.com

第二次世界大戦が終わり、ヨーロッパではクリスチャン・ディオールが提案した「ニュールック」というファッションが流行します。

フレアなこのニュールックに合わせて、深みのある赤が流行。今までになかった爪のカタチをアーモンド形に整えるというブームが到来します。

1966年、ビートルズ初来日。

60年代はパステルピンクと爪先を尖らせるスタイルが流行します。
Mode / youtube.com

60年代はパステルピンクと爪先を尖らせるスタイルが流行します。

1976年、日本では太田裕美の「木綿のハンカチーフ」が大ヒット。

爆発的にディスコが流行した70年代。長くて、輝く、とにかくディスコで目立つように!
Mode / youtube.com

爆発的にディスコが流行した70年代。

長くて、輝く、とにかくディスコで目立つように!

1980年代、MTVの時代がやってきた。

マドンナ、プリンスそしてマイケル・ジャクソン。音楽業界の金字塔たちがファッションの最先端となる時代がはじまります。
Mode / youtube.com

マドンナ、プリンスそしてマイケル・ジャクソン。音楽業界の金字塔たちがファッションの最先端となる時代がはじまります。

ネオンカラーのネイルにラインストーン、対象的な色を取り入れるデザインが人気となります。

1996年、日本ではルーズソックスが流行りました。

ショートネイルにダークカラーでシンプルに。
Mode / youtube.com

ショートネイルにダークカラーでシンプルに。

カート・コバーンらがきっかけとなった「グランジ・スタイル」が流行。ネイルはシャネルのVampが好まれました。

2000年代、日本ではデニムのミニスカートが女の子たちのスタンダードに。

シンプルなフレンチネイルが現れます。当時はパステルカラーが人気だったそうです。
Mode / youtube.com

シンプルなフレンチネイルが現れます。当時はパステルカラーが人気だったそうです。

「インスタグラマラス」がキーワードの現代へ。

ついに現代へ。ヌーディーカラー、スパンコール、そして長い爪がスタンダード。
Mode / youtube.com

ついに現代へ。ヌーディーカラー、スパンコール、そして長い爪がスタンダード。

あなたはどのネイルが気に入った?