女性大行進に舞った抗議のプラカード 共感を呼んだ英語表現20選

英語は難しい。だからトランプ大統領も間違える。

1. 世界500万人超がデモ行進した「女性の大行進(Women’s March)」。手作りのプラカードの英語はこんなにシンプルで、パンチがきいている。

2. 連帯

Aaron P. Bernstein / Getty Images

ピンクに黒字で「Solidarity」

3. わたしたちにはできる!

力こぶし

4. 変わっている人たちをからかわないで。役に立って。親切に。私みたいに!

「make fun of」は「からかう、笑いものにする」という意味。

5. おばあちゃんを怒らせたわね

「piss off」は「怒らせる」という意味で、口語でよく使う。

6. フェミニストっていうのはこういうものだよ

possibly the cutest thing I've ever seen #WomensMarch

— Sophia Psaila (@sophiapsaila)

Whatは名詞節を作っている。「what a feminist looks like」で、フェミニストというものはこんな風にみえるもの、という意味。

7. 抵抗は美しい!

Resistance. Respect. #womensmarch 👊🏾

— Aja Naomi King (@ajanaomi_king)

Resistance is beautiful! 日本語でもレジスタンスと片仮名に。

8. 異議を唱えることは愛国的だ

Tons of people marching here in LA. #WomensMarch

— Joseph Gordon-Levitt (@hitRECordJoe)

「dissent」は、動詞としても名詞としても使われる。動詞は「異議を唱える、異なる意見を表明する」という意味。

9. 有色人種の女性を尊重して

"Respect Women of Color" - Seen at the #WomensMarch in D.C. by @AlexBrookLynn

— The Daily Beast (@thedailybeast)

women of colorとかpeople of colorは、中立的に有色人種を言い表したいときに好まれる使い方。

10. ただ、あ”””

A mood. #WomensMarch

— Philip Lewis (@Phil_Lewis_)

Ughは「あ”””」という感じ。あきれとか不満とか驚きを表すときに使う。

11. トランプは耐えられない

Climate change is real! #WomensMarch #scicomm #science #polarbear

— Mollie Bloudoff-Inde (@mbloudoff)

「unbearable」は「耐えられない」の意味。bear=クマとかけている。地球温暖化に懐疑的な姿勢を批判。

12. 1942〜1946年に米大統領によって収監された。二度と繰り返すな!

My hero

— John Early (@bejohnce)

「Prez」は「President」の略語。「lock up」は「収監する、抑留する」という意味。日系アメリカ人は、日本人の血を引くという理由だけで、第二次世界大戦中に強制収容所に入れられた。

13. 群衆は嫌いだけど、トランプはもっと嫌い

My favorite sign. #WomensMarch

— Denizcan James (@MrFilmkritik)

こういう人もいっぱいいて・・・

14. 本当にひどいから、内気な人たちですらここにいる

Best. Sign. Ever. #WomensMarch #womensmarchnyc #sobadevenintrovertsarehere

— Susan Kaufman (@skaufman4050)

「introvert」は「内気な人、内向的な人」

15. あの人種差別主義者はわたしのプッシーをイライラさせる

We out here. #WomensMarch

— mamrie hart (@mametown)

プッシーは女性器を指す俗語。トランプ大統領は「有名人なら、女はやらせてくれるんだ」「プッシーをつかんでね。何だってできる」と発言している

16. ヘイ、ドナルド、わたしのプッシーをつかもうとなんてしないで。鋼でできているんだから。

Okay well played Supergirl. #WOMENSMARCH

— Joanna Robinson (@jowrotethis)

上着には「フェミニスト」の英語。

17. 髪の毛をならしてやる

'We Shall Overcomb'

— edgarwright (@edgarwright)

「overcomb」は造語。「comb」は「髪の毛をとかす」という意味で、トランプ大統領の前髪をなでつけてやりたい気持ち。フレーズ全体は「We shall overcome」(勝利をわれらに)という公民権運動の象徴として歌われた曲をもとにしている。

18. イケアのほうが賢いキャビネットがある

National Mall.

— Josh Robin (@joshrobin)

「戸棚のキャビネット」と「閣僚」という意味があるcabinet。トランプ大統領の起用した閣僚より、イケアの戸棚のほうが賢いと風刺している。ちなみにIKEAは「アイキーア」と発音。

19. 性犯罪者たちは政府の住居に住むことはできない

#WomensMarch Favorite sign so far!

— Rachel (@BowiedipDe)

ホワイトハウスのことを指している。

20. あなたが壁を築くなら、僕の世代はそれを壊す!

The sign game may have been won already #WomensMarch

— Versha Sharma (@versharma)

トランプ大統領はメキシコ国境に壁をつくると豪語していた。「knock down」は片仮名でもノックダウンというように、「倒す、壊す」という意味。

21. 女性はなんだってできる

This girl's name is literally "Hope"

— Katie Baker (@katiejmbaker)

22. パンチのきいた英語表現の数々。でも、英語は難しい。だから、この人でも間違える。「みなさんにお仕えできて光栄です(I am honored to serve you)」と書きたかったトランプ大統領。「honered」とスペルを間違えて、ツイートし、話題になった。

Saving this for postority.

— Dave Itzkoff (@ditzkoff)

ツイートはすでに削除されている。

Check out more articles on BuzzFeed.com!

バズフィード・ジャパン アダプテーション・スタッフ
お問い合わせ Saki Mizoroki at saki.mizoroki@buzzfeed.com.
Got a confidential tip? Submit it here.
 
  リアクション
 
話題の記事