Twitterで話題!SNSでめちゃくちゃ拡散されたバズアイテム集めました

    Twitterで多く拡散されたアイテムを集めました。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    1. お手頃な燻製器「ドウシシャ 燻製器」2780円。

    Amazon

    Twitterで8300リツイート。ちょっとしたおつまみのレベルを簡単に上げられる燻製器として話題に。3000円以下という手頃な値段もGOOD。

    詳細が気になる方はこちらからチェック

    2. 画期的な機能性!「超高速弁当箱炊飯器」6480円〜。

    Amazon

    複数のツイートで数千から数万リツイートされるほどの大きな話題になりました。

    お弁当箱のような炊飯器にお米と少しのお水を入れるだけで、だいたい20分ほどで1合のお米が炊き上がります。

    このあまりに画期的な機能性は、2020年で最も話題になったアイテムと言えるかもしれません。

    詳細が気になる方はこちらからチェック

    3. ひとり暮らしにおすすめの「ソファーベッド」1万2990円。

    Amazon

    Twitterで「快適すぎるソファー」として2万リツイート。座り心地も触り心地も寝心地も最高なソファーとして話題になりました。

    詳細が気になる方はこちらからチェック

    4. スマホで撮った写真やスクショをシール化!「Canon スマホプリンター iNSPiC」1万1991円。

    Amazon

    Twitterで2万5千以上のリツイート。Twitterで日々拡散される知識(ツイート)をスクショしてシール化。手帳に貼り付けて自分用のメモとして活用するという画期的な使い方が話題になりました。

    少々お値段は張りますが、「デジタルカメラグランプリ2020 SUMMER 記録デバイス部門 金賞」「デジタルカメラグランプリ2021 記録デバイス部門 プリンター<コンパクト> 金賞」を受賞するなど、デジカメ界の革新的なアイテムとしても人気です。

    詳細が気になる方はこちらからチェック

    5. 衣類のほつれを簡単に補修「クロバーラブ ほつれ補修針」495円。

    Amazon

    Twitterで9000以上のリツイート。話題になったのは2019年ですが、今でもAmazonで高評価が続く定番アイテムです。

    衣類から飛び出た糸を簡単に補修できます。

    詳細が気になる方はこちらからチェック

    6. 霧状で噴出してくれるスプレーボトル「アイビル エアリーミスト」1042円。

    Amazon

    Twitterで4000を超えるリツイート。化粧水を入れることで、細かい霧状で噴出してくれる便利アイテムとして話題になりました。

    一度押すと、ほんの少しだけ長めに噴出してくれるのもGOODポイントとして紹介されています。

    詳細が気になる方はこちらからチェック

    7. 普段はリュックだけど広げるとペット用のキャリーバッグに!「peconi ペット キャリーバッグ」5980円。

    Amazon

    Twitterで1万4000以上のリツイート。ペットを守る、災害時におすすめのアイテムとして話題になりました。

    ファスナーを下ろすだけで、3秒でドーム型のペットホテルに早変わりします。

    詳細が気になる方はこちらからチェック

    8. 絵本にしてはクオリティがヤバすぎる図鑑「ティラノサウルス とびだす解剖学ガイド」3300円。

    Amazon

    Twitterで1万6000を超えるリツイート。とにかくすごすぎる絵本として話題になりました。

    立体的かつリアルに再現されたティラノサウルスの部位は迫力満点です…。

    詳細が気になる方はこちらからチェック

    9. タイトルで心を突き刺す本「スペースキーで見た目を整えるのはやめなさい」1848円。

    Amazon

    あまりに思い当たる人が多かったのか、Twitterで数万超えのリツイート複数回ありました。

    その名の通り、WordやExcelで資料を作成する際、「スペースキーで見た目を整えている」人たちのための指南書です。

    詳細が気になる方はこちらからチェック

    10. キムタク主演の名作ゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言 新価格版 - PS4」3936円。

    Amazon

    Twitterで1万以上のリツイート。SMAPの木村拓哉さんが主人公のゲームということで、発売当初は木村さんを操作して暴れまわるネタゲーのようなイメージが先行していました。

    しかしながら蓋を開けてみると、ものすごく面白いストーリーが最大の魅力。ネタゲーであることなんて一瞬で忘れさせられ、先が気になりすぎて寝る暇を与えてくれません。

    低価格版が発売されているので、ステイホームのお供としてもおすすめです。

    詳細が気になる方はこちらからチェック

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。