2019年6月19日

    <全文掲載>アンジュルム・和田彩花の卒業コメントが最高にかっこいい 「明日からはグループではなく、和田彩花として生きますね」

    アンジュルムのリーダーであり、ハロー!プロジェクトのリーダーも務めた和田彩花さんの卒業コメントを全文掲載。

    2019年6月18日の日本武道館公演をもって、アンジュルムとハロー!プロジェクトから卒業した和田彩花さん。

    提供写真

    アンジュルムの前身、スマイレージからの唯一の初期メンバーとあって、武道館には約1万2000人が集まり、卒業を見守った。

    「アイドル、そして女性のあり方について今一度見つめ直していく。またステージに戻ってくることが次の夢」

    提供写真

    アンジュルムの力強い世界観を牽引してきた偉大なリーダー。 卒業の言葉は、彼女の今後の活動が楽しみになる前向きなものだった。

    提供写真

    和田彩花さん卒業コメント<全文>

    今日6月18日をもって、私、和田彩花はハロー!プロジェクト、そしてアンジュルムを卒業させていただきます。

    ここで、みなさんに感謝の気持ちを伝えられたらなと思ってお話しさせていただきます。

    ファンは”苦楽をともにした仲間”

    まずはファンのみなさん。

    ファンのみなさんと私たちは、アイドルとファンという関係ではありますけども、楽しいことだったり辛いことだったり悲しいことだったり、もちろん苦しいこともみんなで一緒に乗り越えてきたので、私たちは仲間意識がすごくあって。

    仲間という部分に関しては、私たちとファンの皆さんの中では、性別も年齢も、もしかしたら国も関係なく、みんなで仲間っていう意識があって、同じ人間だから支えていこうって、いつもそんな風にいてくれました。

    それって当たり前のことだけども、私たちアイドルとファンのみなさんの関係の中で当たり前のことを当たり前でいさせてくれたことが、私は本当に嬉しいなと思います。

    提供写真

    どんなときも可能性を信じてくれたスタッフにも感謝を

    そして次はスタッフさん。

    私たちの活動を身近で支えてくださるスタッフさんと、コンサートだったりライブを作ってくださるコンサートのスタッフのみなさん。私たちアンジュルムの可能性だったり、できることを信じてくれて。

    いつも「一緒に上に行こう」って言ってくれたので、私たちもパフォーマンスの形として成り立つようになったし、でも一番大切なのはここだから(と左胸を叩く仕草)」って言ってステージに上げてくれました。

    最高にクールだし、最高に熱くて、最高なチームだなって思います。

    提供写真

    在籍メンバーには”愛のある小言”を。「野菜も残さず食べてね」

    そして次はメンバーのみなさん。

    私たちアンジュルムは、私とはーちゃん(太田遥香)とれいら(伊勢鈴蘭)で年齢が10歳離れていたり、はーちゃんとれいらは半年前に入ってきたばっかりで、私はグループ最初っからいます。

    そういったいろんな違いっていうのはみんなそれぞ持っていて、ここに集まったきっかけも全然違うし経緯も違うし、アンジュルムにいて私は「あ、みんな違っていいんだ」ってすごく気づかされて、それもまた当たり前のことなんだけども。

    そういったことを忘れがちだったなって思って、そんなことを気づかせてくれたみんなには本当に感謝だなって思います。

    ときにはひとつのものに向かってみんなで一生懸命、前に進んで行こうってひとつにならないといけないこともあって。

    その時には、愛を持って、みんなでその違いだったりっていうものを乗り越えていけば、どうにかなるっていうことをすごく学びました。

    まぁこう言ってしまえば聞こえはいいんですけれども、アンジュルムっていうのはものすごくにぎやかなんです。ですから、常に私はそれに頭を抱えていました(会場笑)。

    特に、今後、心配なのは食べ残しです(会場笑)。野菜でいうと、特に、人参とピーマン、パプリカ、あとしいたけが残しがちです。

    あとは靴を脱いだ時に揃えないんですよ(会場笑)。4日ぐらい前まで私がずっと揃えていたけど、みんなそれすらも気づいてなくて。

    あとは、うーん、忘れ物ですね。特に忘れがちなのは、スマートフォンと新幹線の切符です(会場笑)。

    これは本当に忘れがちだから、特にむろ(室田瑞希)は座ったところに置いてきてしまう。だから、それは立ったら気づいてね(笑)。

    あとは、遊びに行く時の予定は誰が決めるんだとか、私の持ち物のUSBを使って遊び始めた時は本当に目が離せなくて、日々そういうことに私は頭を悩ませていました。

    でもそんなみんなが私は本当に大好きだし、大好きだからこそ、みんなには今後、1人ずつが自分の考えだったりこう思うっていうことを持ちながら活動していってくれたら嬉しいなって思います。

    提供写真

    「自分と向き合い、自分の夢を叶えるため、また戻ってくるのが夢」

    そんな素敵なメンバーと、スタッフさん、そしてファンのみなさん。

    みんなでアンジュルムを作れて、アンジュルムのライブを作れて、アンジュルムというグループも作れて、嬉しいことだし、とても誇りに思います。

    ですけど、私は明日からグループではなく、和田彩花として生きますね。

    だから明日からは自分が何を守って、何を愛して、どんな夢を持ってそれをどう叶えていくのかっていうことを、今一度考え直して自分の中で向き合っていきたいなと思ってます。

    こういった活動があったからこそ本当にいろんなことに気づけたし、向き合う中で、アイドル、そして女性のあり方についても今一度見つめ直していきたいなと思います。

    私はアイドルの解釈の幅を広げるために、またステージに戻ってくることが次の夢であり、次のやりたいことなので、それに向かって頑張っていけたらいいなと思っております。

    改めてになりますけれど、長い間、熱い声援とたくさんの愛をありがとうございました。

    提供写真

    矢島舞美さん(元°C-ute、元ハロー!プロジェクトリーダー)も卒業のお祝いに駆けつけた。

    スマイレージのインディーズ時代の名曲から、アンジュルムの最新楽曲まで網羅したセットリストはこちら。

    <VTR>

    01. 赤いイヤホン

    02. 愛さえあればなんにもいらない

    03. 出すぎた杭は打たれない

    04. 恋はアッチャッチャ

    <VTR / MC=矢島舞美さんから和田彩花さんへ卒業のお祝いメッセージ>

    05. 夢見る 15歳

    06. ミステリーナイト!

    07. 忘れてあげる

    08. 帰りたくないな。

    <VTR>

    09. (メドレー)スキちゃん→私、ちょいとカワイイ裏番長→嗚呼 すすきの→私の心→シューティング スター

    10. 交差点

    11. 夢見た 15年

    <MC2>

    12. 次々続々

    13. ドンデンガエシ

    14. マナーモード

    15. 泣けないぜ…共感詐欺

    16. 大器晩成

    <<アンコール>>

    アンコール01. ぁまのじゃく(和田彩花さんソロ)

    <MC=和田彩花さん卒業コメント>

    アンコール02. 旅立ちの春が来た

    <MC=各メンバーからの挨拶、和田さんへのメッセージ>

    アンコール03. 46億年LOVE

    アンコール04. 友よ

    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form