Posted on 2017年6月21日

    コンビニで買える背徳と贅沢…! アイスに足すと運命的なおいしさになるお菓子

    近くにいたのに、どうして気が付かなかったんだろう。

    芋けんぴとバニラアイス——近くにいたのに、どうして気が付かなかったのだろう。そう思ってしまいました。

    ふと「芋けんぴってバニラアイスと出会うために生まれてきたのでは…?」と思ったので砕いてトッピングしてみたけどマジでその通りだった。芋けんぴとバニラアイスは私に感謝するべき。

    運命の相手を引き合わせたツイート。話題になるわけです。

    絶対においしいってことは容易に想像がつきますが、どれほどの相性の良さなのでしょうか。食べてみました。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    カリッとした芋けんぴの食感とクリーミーさのコントラストが絶妙。それでいて、アイスの水分で芋けんぴがやわらかくなって、口の中で餡のような变化をとげるのであります。

    蜜と芋とバニラの3つの甘さが絡み合うので、こっくりした味わいです。

    投稿主の@numagasaさんは、KALDIで売っている「塩けんぴ」を使ったそうです。甘じょっぱくてスプーンがとまらなくなりそう。

    「芋けんアイス」なる商品が実際に発売しています。約束された相性だったのですね。

    「大学芋を添えてもいい」というも出たので試してみました。ああ、これはお店で食べる味だ…

    Yui Kashima / BuzzFeed

    大学芋の甘じょっぱいタレとバニラが合わさって口の中が和洋折衷な甘みで満たされます。

    そこにホクホクしたさつまいもの優しい甘さがまとめあげる。

    ただ、かなり重めのスイーツ感がするので、お腹すいてないと厳しいかも。満足度はとても高いです。

    ふと、「もっと身近なものでも相性が良いのでは?」と思いが頭に湧きました。例えばこれ。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    ややジャンクで罪感が増す……!

    大学芋や芋けんぴよりも食感が軽くて食べやすい。フライしてあるので、サクッシュワッとおさつが溶けてゆくのです。

    個人的に一番おいしかったのが、この組み合わせ。コンビニで見つけたら即試してください。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    バターの塩気が最高に合うんですよ、バニラアイスに。バターもアイスも元はミルクですから、全くケンカせずに口の中でなかよくまとまります。

    素材感を残したスナック菓子ですが、これもまた芋けんぴのよりも繊維感がなく、口の中で心地よくほどけていくのです。

    さつまいもチップスをアイスでディップ…推せる。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    コンビニで買える贅沢と背徳とはこのこと。妙にいけないことをしている感じがするのです。ぜひお試しください。

    ※この記事から商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元される場合があります。