back to top

#Twitter 140文字の変更 1分でわかる「何が変わるのか」

ジャック・ドーシーCEO「わかりづらかったものをシンプルにしていく」

Twitterの「140字制限」が正式に変わります。

返信相手のユーザー名などを文字数カウントから外すなど、「ルールを少しだけ柔らかくする」ものだそうです。大まかな変更は以下の5点。

1. リプライ(返信)するとき、ユーザー名が文字カウントされなくなる

Yui Kashima / BuzzFeed

返信ボタン経由でやりとりする場合(リプライ)は、「@相手のユーザー名」が非表示になり、文字カウントされなくなります。

上の画像のピンクのラインの部分が非表示&ノーカウントになるようです。

広告

2. 「@〜」で始まるツイートもフォロワー全員に表示される

よく有名人が誰かに向けてツイートするとき、@ユーザー名の前に「.」を入れているのを見たことがありませんか? あれは「.」を置くことで、その相手だけでなく、すべてのフォロワーに同じメッセージを見せるためです。

Twitter社によると「今後は@ユーザー名で始まるツイートも普通のツイートと同じように自分のフォロワーの方々に表示されるようになる」そうです。

ただし、1のように返信ボタンからツイートした場合はリプライ扱いになるため、この限りではありません。

3. 添付ツイート分が文字カウントされなくなる

写真、Gif、投票、動画などはこれまで24文字分カウントされていました。これもゼロになります。

※投票機能の場合は、質問文の文字もプラスでカウントされます。上の場合、「Twitter好き?」が10文字。

上記は、随時変更されていく予定

BuzzFeedの取材に対し、Twitter社は「徐々に変更していく予定。その際は公式アカウントで発表する。今までわかりづらかったものをシンプルにしていくことで、コミュニケーションをより活発化させたい」と述べました。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss