「45歳、バンドエイドを手にして私は今、涙をこらえている」Twitterに投稿された写真にハッとする

    何気なくつけているバンドエイドはなぜ肌色なのだろう? その肌色は、本当の色だろうか。

    私たちは普段、何の疑いもなく「肌色」のバンドエイドをつけている。

    怪我を目立たせずに保護する。だからあの色をしているのだろう。

    Vasyl Dolmatov / Getty Images

    その「当たり前」は、本当に正しいのだろうか?

    サンフランシスコに住むドミニク・アポロン(@ApollonTweets)さんの何気ないツイートは示唆的だ。

    「45年間生きてきて初めて知った。自分の肌と同じ色のバンドエイドを着ける気持ちを。今、私は必死に涙をこらえている」

    It's taken me 45 trips around the sun, but for the first time in my life I know what it feels like to have a "band-aid" in my own skin tone. You can barely even spot it in the first image. For real I'm holding back tears.

    彼は1ヶ月前にオンラインストアで購入した「自分の肌と同じ色のバンドエイド」をつけた瞬間、初めて「当たり前」を知った。

    日常に潜む差別、帰属意識、尊厳……多くの要素をとりいれた上記のツイートは見る人をハッとさせた。瞬く間に拡散され、8万7000リツイート、49万いいねがつくほど注目を集めた。

    ドミニクさんは「自分の肌色と同じバンドエイド」が販売されていることは知っていたが、これまだ購入したことはなかったという。彼は続けてツイートした。

    「自分の肌にしっくりと合うバンドエイドを見た時、こんなにも複雑な情動が湧いてくるとは思わなかった。幼少期から1000回以上繰り返してきた何気ない普通の行動は、無意識のうちに黒人コンプレックスを抑えてきたのかもしれない」

    Photka / Getty Images

    「複雑な情動とは、おそらく帰属意識に近い。大切にされているような感覚だ。幼少期の自分はもちろん、何百万もの黒人の子どもたちは、自分の肌色ではないバンドエイドを付ける度に、きっと哀しみを覚えていたのだろう。自分たちの肌色は、今なお歓迎されない。カウントされない存在なのだと」

    Tru-Colour / Via amazon.com

    ハフポストUS版が報じているように、各肌色に合わせたバンドエイドは開発されて久しい。Amazonでも購入ができる。しかし、まだ既存のそれよりも高価で、薬局やコンビニで当たり前に買うことは難しい。

    ドミニクさんは大きな反響を受け、このように綴った。

    「バンドエイドが職場、病院、診療所に置かれるべきだと思う。白人至上主義はとても根深い。こうした日常の些細なところに潜んでいる。それがなくなることを祈っています」

    「この気持ちを知り、また抑えてきた被差別の意識を認識できたこと。それを自覚させてくれたメーカーにとても感謝している。そして、自分のツイートから派生したスレッドが愛に溢れ、とても嬉しく思う。私のツイートに寄せられた反響は、あまりに美しいものだったから」

    バズフィード・ジャパン スタッフライター

    Contact Yui Kashima at yuuuuuiiiiikashima@gmail.com.

    Got a confidential tip? Submit it here