京都にできるスタバの新店舗、ローカライズ具合が最高にときめく

    世界で初めての、ある演出。

    こんなスタバ見たことない。だって、世界で初めて暖簾をくぐって中にはいるんですよ。

    starbucks

    6月30日(金)に新しくオープンする京都二寧坂ヤサカ茶屋店は、築100年を超える2階建ての日本家屋を使用した店舗です。

    店を構える二寧坂は、世界遺産、清水寺に続く道です。

    starbucks

    ここは大正数奇屋風の建造物、石段、緑、路地……京都の伝統が色濃く残る場所。

    暖簾をくぐって店内に入ると、光がさす通路が。これは、「通り庭」を歩くような体験を意識しているそうです。

    starbucks

    その先にあるのが、エスプレッソバーカウンター。

    starbucks

    バーカウンターには奥庭からの優しい光がさし込むデザイン。

    敷地内には前庭、中庭、奥庭があり、それぞれ手水鉢が設置されます。緑や庭石とともに伝統的な空間が楽しめるようです。

    2階には座敷があるので、ゆったりとした和の時間を堪能できます。

    starbucks

    座布団に使っているのは、京都の丹後ちりめん。京都の文化への畏敬の念を伺えますね。

    多くの客足が予想されますが、景観や文化、地域への配慮から、店内混雑時の入場制限、店舗前での行列の禁止なども実施するそうです。