成城石井のワインバーが想像以上にお手頃だった。その理由は…

    生ハム、ワイン、チーズ…幅広くそろう成城石井がワインバーをオープンしています。新しくオープンした神谷町店に行ってきました。お値段は…おもったよりもお手頃かも。

    成城石井がワインバーをやっているそうです。名前は「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」。

    Le Bar a Vin 52

    1年の52週、週替わりで新しいメニューを提供するという意味。

    麻布十番、関内、横浜ベイクォーター、恵比寿につづき、新しくオープンした神谷町に行ってきました。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    Le Bar A Vin52 神谷町。神谷町の駅から徒歩3分ほど。ビル街の真ん中です。

    成城石井は珍しいものがたくさん揃うイメージですが、実際どうなんだろう?

    お店でスライスする生ハムがふわっふわ:980円〜(税抜)

    Yui Kashima / BuzzFeed

    こんなに大きな生ハムの塊! かじりつきたいくらいですが…薄くスライスした方が美味しいそうです。

    「成城石井の147店舗で大量に仕入れているため、スケールメリットを活かすことができ、価格を抑えられています」

    Yui Kashima / BuzzFeed

    一頭から2つしかとれないモモ肉。メニューでは常時4〜5種類の生ハムやサラミなどを味わえます。

    通常の半分の薄さ、0.3mm!

    Yuiko Abe / BuzzFeed, Yui Kashima / BuzzFeed

    「薄くスライスすることとでふわふわの食感を楽しめます。手で食べていただくと体温で脂がとけておいしいですよ。本場の食べ方をお楽しみいただけます」

    メインの迫力がすごい……。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    カナダ産オマール海老と有機トマトのアメリケーヌパスタ。12月30日まではランチで税込みで1000円です(パン食べ放題、サラダつき。詳細は店舗まで)。

    オマールエビが半身まるまる鎮座。そして裏を返すと身がぎっしり。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    ミソの部分はソースになっていますが、身の部分はそのまままるっとサーブされます。これをフォークとナイフを使って取りだすのが、至福…。

    身はプリッと弾力があって、そこにトマトクリームが絡まる。「1000円の味じゃないね」と安いコメントしか出てこなかった…。

    ナイフをいれただけで「あ、これ絶対おいしいやつだ…」とわかる国産黒毛和牛。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    メインの九州産銘柄黒毛和牛赤身部位の厚切りグリルです。この日は宮崎牛の内モモをいただきました。日によって銘柄、部位を変えてサーブされます。

    ナイフをいれると心地よい反発とともにスッと切れていくんだな…。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    ツヤッツヤに光る脂が甘くてとろける…。

    「牛肉は成城石井で販売しているものとほぼおなじ品質のものでお出ししています。国産A4以上のものが多いです」

    これも成城石井全体で仕入れているため良心的な価格になっています。これで2~3名分、3,780円(税抜)。

    成城石井で売っているポテトサラダのアレンジも。

    実は、おとおしのパンも自家製。でも、糖質が気になる場合はオリーブに変更もできる安心感。

    ワインバーメニューが成城石井のスーパーに並ぶこともあります。

    ワインが良心的な価格。グラス500円〜。

    成城石井

    シーズンによって異なりますが約15種類のグラスワイン(赤・白・スパークリング)を用意しています。

    「ワイン1本を買うのって、なかなかハードルが高いですよね。まずワインバー味わっていただいて、お気に入りのものを見つけていただければ、と思います」

    成城石井は東京ヨーロッパ貿易という貿易会社を子会社としてもっているため、きちんと品質管理しながらもコストを抑えられるそうです。

    「一定の温度を保てるリーファーコンテナを使って輸入することで、現地と同じ味わいをキープしています。また、中間マージンを抑えてお買い求めしやすい価格でワインを提供できるような仕組みを持っています。ワインはほとんどが直輸入です」

    気になった調味料をお店で買うこともできます。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    Le Bar A Vin 52のメニューで使われている原材料の多くが成城石井で販売しているもの。神谷町のお店にはミニショップが併設されているので、調味料など気に入ったものをお土産に買って帰れます。