back to top

レンジで90秒! 黄身がトロットロの温玉を作る簡単すぎる方法

何かと余りがちなたまごはこうやって食べればOK

「え、温玉ってこんなにすぐできるんですか?」というTweetがあったので試してみます。

卵を写真みたいにちょっとだけ割ってマグカップに入れて、水を注いで600Wで1分30秒くらいチンした後30秒くらい待ってから割ると、3分でクソ簡単に温玉が錬成できる話しましたっけ

1. たまごの下にヒビをいれます。机やカップのフチにぶつけるのがコツ。

Yui Kashima / BuzzFeed

投稿主の@gotti_okakaさんによると「きっちり底が凹むくらいには割っておくこと」が大事だそうです。

白身が少し出ても大丈夫。

水の量や水位によって10秒単位で調整していくのがいいと思います。

筆者は成功するまでに3回失敗しました(1回目=生すぎる、2回目=固茹でたまご、3回目=爆発)。

@gotti_okakaさんも「対策していても爆発することがあるようなので、注意してください」とのこと。

ヒビをしっかりいれ、水をひたひたにし、温めすぎない。

この3つだけ頭に叩き込んでおけば、簡単においしいたまごが食べられます🐣

もし爆発しちゃった場合は、こんな風に掃除するといいと思います😉

Facebook: video.php

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss