Updated on 2019年8月13日. Posted on 2019年8月13日

    ペットの熱中症は家の中が最多。警視庁もTwitterで注意喚起。対策は? 応急処置は?

    ペットの熱中症の注意喚起を警視庁が行っている。

    「人間だけでなく、ペットも熱中症になります」と警視庁の災害対策課がTwitterで注意喚起しています。

    人間だけでなく、ペットも熱中症になります。犬や猫は体温を調整する力が弱く、暑さや高い湿度が苦手です。高温になる自動車内などは特に注意して下さい。また、室内飼いでも①エアコンで室温を調整する②扇風機で空気を循環させる③飲み水を多めに置くなど、熱中症対策を忘れずに。

    ■ペットの熱中症はどんな症状が出る?

    @MPD_bousai / Via Twitter: @MPD_bousai

    ■「ぐったりしている」「よだれ」なども熱中症のサイン

    アイペット損害保険株式会社 / Via ipet-ins.com

    アイペット損害保険株式会社の調査では、実際にペットが熱中症になった際の症状についてアンケートを実施

    「ぐったりしていた」が最多の結果になりました。息苦しそう、ふらふらしている、食欲の低下なども挙げられます。

    水を飲まないのも熱中症のサインになりえるようです。

    ■ペットの熱中症、一番多いのは「家の中」

    アイペット損害保険株式会社 / Via ipet-ins.com

    アンケート結果によると、ペットが熱中症にかかりやすい場所は「家の中」だそうです。

    留守番はもちろん飼い主と一緒にいる時にも熱中症のリスクはあります。

    冒頭の警視庁災害対策課のTwitterにも記載されていますが、室内飼いでも

    ①エアコンで室温を調整する
    ②扇風機で空気を循環させる
    ③飲み水を多めに置く

    といった熱中症対策を忘れないようにしましょう。

    ■応急処置の方法は?

    @MPD_bousai / Via Twitter: @MPD_bousai

    ■冷やす部分は後頭部、足先、首、脇、後ろ足の付け根を重点的に。

    環境省 / Via env.go.jp

    上のイラストは環境省が公開しているもの。

    もっともこれらはあくまで応急処置。熱が下がっても脳や内臓に障害がでる可能性もあるので、すぐに動物病院に運ぶことを推奨しています。

    バズフィード・ジャパン スタッフライター

    Contact Yui Kashima at yuuuuuiiiiikashima@gmail.com.

    Got a confidential tip? Submit it here