back to top

iPhone 8とPlusはどっちを買えばいいの? その答えは…

新色の(PRODUCT)RED Special Editionも発売されてますます好調な、iPhone 8とPlus。どっちが買い? 決め手はポートレートモード!

今日発売のiPhone 8。最大の良さは「かわいさ」だと思いました。ほら、見て。

だって毎日使うんだよ? かわいい方がよくないですか?
Yui Kashima / BuzzFeed

だって毎日使うんだよ? かわいい方がよくないですか?

美しさの秘訣は、背面がガラスだから。側面はアルミニウムですが、その境目はおどろくほど滑らか。

素材が違うのに一体感がすごいのです。
Yui Kashima / BuzzFeed

素材が違うのに一体感がすごいのです。

でも、指紋がつきにくい仕様なのであります😍

ガラスの背面だと正直、指紋でベッタベタになるかと思ったのですが。
Yui Kashima / BuzzFeed

ガラスの背面だと正直、指紋でベッタベタになるかと思ったのですが。

ガラスって聞くと、強度が心配? でも大丈夫。「今、世の中に出ているスマートフォンで最も強いガラスを使っています」とApple。

要はiPhone 7より頑丈になっているってことらしいです。7層重ねて作り上げました。ちなみに左がiPhone 8 Plus、右がiPhone 8です。
Yui Kashima / BuzzFeed

要はiPhone 7より頑丈になっているってことらしいです。7層重ねて作り上げました。

ちなみに左がiPhone 8 Plus、右がiPhone 8です。

さてここからは機能のお話。注目はカメラです。画素数は同じですが、暗いところでもきれいに撮れるようになりました!

iPhone 7も8も1200万画素。スペックは一見同じに見えますが、カメラのセンサーが大きくなって光を取り込みやすくなりました。写真のノイズが減ってるように見えませんか? 暗いところでもきれい!
Yui Kashima / BuzzFeed

iPhone 7も8も1200万画素。

スペックは一見同じに見えますが、カメラのセンサーが大きくなって光を取り込みやすくなりました。

写真のノイズが減ってるように見えませんか? 暗いところでもきれい!

ワイヤレス充電対応になりました。置くだけでバッテリーチャージできます😉

Yui Kashima / BuzzFeed

今までは、Lightningケーブルをさして充電していましたが、置くだけでOK。

ちなみに、この充電器はIKEAで買いました(3999円)。かわいいでしょ?

周囲の光に合わせてディスプレイを「自然な明るさ」にしてくれる、True Toneに対応しました。

左がTrue Tone、右が通常モード。やや暖色がかりますね。
Yui Kashima / BuzzFeed

左がTrue Tone、右が通常モード。

やや暖色がかりますね。

iPhone 7からですが、耐水性◎防塵◎! そしておサイフケータイも◎

Apple

で、ここで悩むのが「iPhone 8とPlus、どっちが買いなの?」というポイント。

iPhone 8が4.7インチ、8 Plusが5.5インチ。それぞれサイズは7シリーズと一緒です。筆者は、iPhone 7を使っていたのですが、今回ばかりはPlus推しに転向します😇
Nicole Nguyen / BuzzFeed News

iPhone 8が4.7インチ、8 Plusが5.5インチ。それぞれサイズは7シリーズと一緒です。

筆者は、iPhone 7を使っていたのですが、今回ばかりはPlus推しに転向します😇

なぜかって? iPhone 8 Plusのカメラ機能がすごいから。

Yui Kashima / BuzzFeed / Via http://

背景がボケて、一眼レフで撮ったかのような写真になる「ポートレートモード」。

これはiPhone 7 Plusからβ版が搭載されていましたが、ついに正式版にアップデートされました🙌

Yui Kashima / BuzzFeed / Via http://

背景がボケて、一眼レフで撮ったかのような写真になる「ポートレートモード」。

これはiPhone 7 Plusからβ版が搭載されていましたが、ついに正式版にアップデートされました🙌

← スライド →
Yui Kashima / BuzzFeed / Via http://

背景がボケて、一眼レフで撮ったかのような写真になる「ポートレートモード」。

これはiPhone 7 Plusからβ版が搭載されていましたが、ついに正式版にアップデートされました🙌

どう変わったかというと…ライティングを調整できるようになったのです。

Yui Kashima / BuzzFeed

自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明(カラー/モノクロ)でライティングを調整できます。

これは人の顔の特徴(鼻や頬の高さなど)をiPhoneが記憶して、その情報をもとにiPhoneの中で照明を当てなおしているもの。

加工アプリの明るさ調整とは、仕組みが違うのです。

ご飯もこんなにきれいに撮れます。

Yui Kashima / BuzzFeed / Via http://

左が通常モード、右がポートレードモード。

Yui Kashima / BuzzFeed / Via http://

左が通常モード、右がポートレードモード。

← スライド →
: Yui Kashima / BuzzFeed | : Yui Kashima / BuzzFeed Yui Kashima / BuzzFeed / Via http://

左が通常モード、右がポートレードモード。

そうそう、Plusって片手で操作できないのが嫌だったのですが…

Yui Kashima / BuzzFeed

キーボードが片手で打てないのが嫌で、小さい端末を買ってた勢でした。

キーボードを「右寄り」「左寄り」に変更できるようになったので、端っこまで指が届くようになりました!

Yui Kashima / BuzzFeed

これはiOS 11の機能。

価格は以下の通り。

iPhone 864 GB:7万8800円256 GB:9万5800円 iPhone 8 Plus64 GB:8万9800円 256 GB:10万6800円
Apple

iPhone 8

64 GB:7万8800円

256 GB:9万5800円

iPhone 8 Plus

64 GB:8万9800円

256 GB:10万6800円

で、誰向けなの?

ガラスを使ったボディが本当に美しいので、デザイン重視の人は8シリーズがおすすめです。背面がガラスだったiPhone 4s、きれいだったしね😍インスタが大好きで写真をよく撮る人は、確実に8 Plusがいいでしょう👍
Apple

ガラスを使ったボディが本当に美しいので、デザイン重視の人は8シリーズがおすすめです。背面がガラスだったiPhone 4s、きれいだったしね😍

インスタが大好きで写真をよく撮る人は、確実に8 Plusがいいでしょう👍