back to top

iPhone XS / XS Maxを実際に使ってみてわかったこと。「買いなのか?」のライン

iPhone XSとiPhone XS Max、先行レビュー

日本時間9月13日に発表されたiPhone XとXS Max。どんな使い心地なのでしょうか?

Justin Sullivan / Getty Images

まずボディがとんでもなく美しい。宝石みたいなんだよね……。

背面のガラスは鏡みたいに美しく反射します。また、ゴールドとスペースグレーは、サイドのステンレススチール製フレームに高度な物理蒸着処理が施されているので、宝石みたいに輝いています。
Yui Kashima / BuzzFeed

背面のガラスは鏡みたいに美しく反射します。

また、ゴールドとスペースグレーは、サイドのステンレススチール製フレームに高度な物理蒸着処理が施されているので、宝石みたいに輝いています。

気になるのが大きさ。iPhone XSの方はiPhone Xと同じ大きさ。私はiPhone 8ユーザーですが、ほとんど違和感を覚えませんでした。

XS Maxになるとさすがに片手で作業するのは、慣れが必要な感じ。でも、Plusユーザーなら慣れているサイズ感です。
Yui Kashima / BuzzFeed

XS Maxになるとさすがに片手で作業するのは、慣れが必要な感じ。でも、Plusユーザーなら慣れているサイズ感です。

iPhone XSは、片手で操作できるサイズです。

Yui Kashima / BuzzFeed

サイズは同じiPhone XとXSですが、カメラの大きさが数ミリ違うのでケースは変えた方がよいです。

Yui Kashima / BuzzFeed

ここからは機能の話。iPhone XSシリーズは中身がすごいのです。新しい頭脳が入りました。

顔面認証の精度がアップしたり、カメラのクオリティが向上したり、バッテリーが長持ちしたり。
Apple

顔面認証の精度がアップしたり、カメラのクオリティが向上したり、バッテリーが長持ちしたり。

性能アップでとにかく目を引くのがカメラです。

背面にカメラが2つついているのは、PlusシリーズやiPhone Xと同じ。でも、新機種には「機械学習用処理」ができるようになりました。
Apple

背面にカメラが2つついているのは、PlusシリーズやiPhone Xと同じ。でも、新機種には「機械学習用処理」ができるようになりました。

例えばカメラセンサーから集めたデータに基づいて顔をすばやく感知。ライティングを瞬時にあわせてくれます。

Apple

顔に認識速度が速く、軽くなりました。

Yui Kashima / BuzzFeed

内蔵されている新しいチップがとても賢いので、iPhone Xよりも「軽く」顔を認証してくれます(iPhone Xだともうちょっともっさりした動きでした)。

では、カメラの向上を詳しく見ていきましょう。まずは、【ポートレートモードセルフィ対決】左:iPhone XS 右:iPhone X

Yui Kashima / BuzzFeed / Via http://

XSの方が色味がやや自然っぽい感じがする。一方、iPhone Xはコントラストが強い印象。

Yui Kashima / BuzzFeed / Via http://

XSの方が色味がやや自然っぽい感じがする。一方、iPhone Xはコントラストが強い印象。

← スライド →
Yui Kashima / BuzzFeed / Via http://

XSの方が色味がやや自然っぽい感じがする。一方、iPhone Xはコントラストが強い印象。

髪の部分の微細さ……が!! 違う!!!

髪の毛の微細なライティング、ピント等々が計算されています。もちろんピントが合う、合わないという問題もありそうですが、XSの方がピントが合う打率が高かったです。
Yui Kashima / BuzzFeed

髪の毛の微細なライティング、ピント等々が計算されています。

もちろんピントが合う、合わないという問題もありそうですが、XSの方がピントが合う打率が高かったです。

ポートレートモードの精度があがっている気がする!

Yui Kashima / BuzzFeed / Via http://

ポートレートモードは被写体と背景を識別してボケ感のある写真を撮影できる機能です。

これ自体は前からあったのですが、精度があがっています。

Yui Kashima / BuzzFeed / Via http://

ポートレートモードは被写体と背景を識別してボケ感のある写真を撮影できる機能です。

これ自体は前からあったのですが、精度があがっています。

← スライド →
Yui Kashima / BuzzFeed / Via http://

ポートレートモードは被写体と背景を識別してボケ感のある写真を撮影できる機能です。

これ自体は前からあったのですが、精度があがっています。

(とはいえ、iPhone XもiOS 12にするとポートレートモードの精度が上がります)

iOS 11 depth data vs iOS 12 portrait matte. The edge details are crazy. Also, I need a shave.

左が前のもの。右がiOS 12。左はぼんやりした境界ですが、右はパキッとしてます。

そして一番アツいのが「ボケ」加工。ポートレートモードで撮影した写真のボケ具合を簡単に調節できます。

@manashika

インスタグラマーの@manashikaさんが早速ボケ加工を披露しています(詳細記事)。

「編集」をタップすると下に「F」を調整するメーターが出てくるので、そこを指をスライドさせるだけ。

@manashika

ちなみに、普通のカメラは明るいところではそんなに変わらないかも…なのですが……

Yui Kashima / BuzzFeed

暗所では全然違うわ……。

Yui Kashima / BuzzFeed / Via http://

もはやiPhone 8とは比べものにならなかった。暗所にかなり強いです。

みずほ銀行のビル、夜空の雲が見えるのがiPhone XS。iPhone 8だと街灯の光が滲んで見えますね。

Yui Kashima / BuzzFeed / Via http://

もはやiPhone 8とは比べものにならなかった。暗所にかなり強いです。

みずほ銀行のビル、夜空の雲が見えるのがiPhone XS。iPhone 8だと街灯の光が滲んで見えますね。

← スライド →
Yui Kashima / BuzzFeed / Via http://

もはやiPhone 8とは比べものにならなかった。暗所にかなり強いです。

みずほ銀行のビル、夜空の雲が見えるのがiPhone XS。iPhone 8だと街灯の光が滲んで見えますね。

そして個人的にアツいなと思ったのがこれ。iPhoneのバッテリーがなくなっても、Suica(エクスプレスカード)が使えます😂

NFCのアップデートでできたパワーリザーブの機能で、低電力モードになる警告(残りが20%になったとき)がでてから5時間エクスプレスカードが使えるようになりました。もしものときに、支払いができます(チャージは未対応)。
Yui Kashima / BuzzFeed

NFCのアップデートでできたパワーリザーブの機能で、低電力モードになる警告(残りが20%になったとき)がでてから5時間エクスプレスカードが使えるようになりました。

もしものときに、支払いができます(チャージは未対応)。

そして耐水性が向上! ビールをかける勇気はさすがにありませんけど😇

Apple

ドルビーサウンドが地味にめちゃくちゃいい。迫力がすごいのです。

Yui Kashima / BuzzFeed

横に持った時、左と右から音が出ているような感じがします。ゲーム、Netflixなど動画視聴をする人は是非試してみてください。

iPhone XSはとXS Maxを使ってみて思った「買いな人」はこんな感じ。

Apple

・iPhone 8より前の機種を使っている人

私は、iPhone 8ユーザーですが、iPhone Xシリーズはレベルがひとつ違うんだなと……。新しく「未来」を示した機種を、より堅実なものにしたのがiPhone XSシリーズ。ああ、別格なんだって気づいた機種です。

値段はやや張りますが、投資の価値はありです。私は12分割で買う予定です。

Netflixなど動画やゲームをダウンロードして楽しむ人はかなり満足すると思います。

・iPhone Xとどっちがいいのさ?と迷ってる線引きラインは…

カメラ機能だと、iPhone X とXSの差は「本物の一眼レフっぽさ」「目で見てるリアルさ」です。iPhone Xはちょっとコントラストが強いのです。また、ボケ機能など、撮影を「もっと楽しみたい人」はXSシリーズにアップグレードしてもいいかもしれません。下取りにだして。

個人的にはパワーリサーブがアツい。

・iPhone XSとXS Maxはどっち買うべきなの?

今までのPlusは、ポートレートモードという特別な機能がついてました。が、XSとXS Maxの違いは「大きさ」です。

ゲームの世界に熱中したい人、映像の世界にどっぷり浸かりたい人はこっちがおすすめ。容量もバッテリーも大きいですからね。