• iPhone10years badge

iPhone XSを「一眼殺し」スマホ持ちの元同僚に使ってもらった結果……

スマホはカメラだけじゃないもんね。

新しく発売されるiPhone XS / XS Maxはきれいな写真が撮れると話題です。

@manashika

ボケ具合も調整できるしね。

でも「一眼殺し」のスマホ、HUAWEI P20 Proも人気です。

Chesnot / Getty Images

Leicaのトリプルカメラを搭載したAndroidスマートフォン。価格もiPhoneより安くて「乗り換える」人もいます。

元同僚である山口くんも現在P20 Proを使っています。

@d_tettu

そんな彼に「新しいiPhone、触ってみない?」と声をかけてみました。使い心地を試してもらおうと思ったのです。

一眼殺しのスマホ、その実力はいかに……?

Yui Kashima / BuzzFeed

至近距離で花

Ryo Yamaguchi

私:P20 Proは明るいね。すごくきれい!

青空とオブジェ

Ryo Yamaguchi

動く髪の毛

Ryo Yamaguchi

私:Appleの発表会で動く髪がきれいに撮れるって言ってたよ。

風景

Ryo Yamaguchi

山口くん:P 20 Proは青がすごく鮮やか。パキッと映る。

ポートレートモード

Ryo Yamaguchi

山口くん:iPhoneは顔にピントが合うようになっていて、P 20 Proは人物全体に合うね。ワンピースの柄見るとわかる。

山口くん「Huaweiもすごく気に入っているんだ。カメラ、やっぱり鮮やかだし。でも一個だけ気になる点がある」

Ryo Yamaguchi

山口くん:なんか、顔が違うんだよね……。

私:肌、ツルツルなのって私的にはかなり嬉しいんだけど、ツルツルなのが美しいのか問題っていうのが発生するから。iPhoneってTIME誌とかの表紙で使われたりする手前、微妙なのかも。

山口くん:あー、そう言われると納得かも。写実って感じだ。

結論:鮮やかさならHuawei、写実性ならiPhoneってところかな…? 価値観だね。

Yui Kashima / BuzzFeed

このあと、山口くんから感想をもらいました。

------------------------------

Huawei P20 Proと比較してみて、ひとことで言うと方向性の違いを感じました。カメラとしての写実性を高めるiPhone、そして「きれいな」写真を目指すHuawei

青空、木々の緑、オレンジの花など、P20 Proで撮った写真はどれも色鮮やか。すごい。P20 Proにしてから写真加工アプリを使用することはなくなりました。P20 Proはスマホを構えて撮るだけで、いい意味で「きれいな」写真になる。

一方、iPhone XS。加工なし、実際の色合いに近い。最高水準と名高いP20 Proと比較しても、見劣りしない。う〜ん、こりゃ好みのレベルだ。

日常的に写真加工アプリを使って「きれいな」写真を作っているのであればHuawei P20 Pro、「いいカメラ」を求めるのであればiPhone XS。

あ、ボケ味はiPhone XSの方が自然に感じました。P20 Proはボケ味が強めで、作られた感があるような。また、カメラ性能に加えてOSとしての完成度を加味すると……。

------------------------------

「この日、iPhone XSを予約注文しました。手元に届くのが待ち遠しい」

Huawei P20 Proに買い換えてしばらくたちましたが、iPhone Xs/Xs Maxをさわってみて戻すことにしました。カメラの性能はHuaweiがいいと思う瞬間もありましたが、操作感やApple Watchなど周辺機器を含めた使用勝手はiPhoneが圧倒的。やっぱお前が一番だったよ。浮気してごめんよ。

カメラの比較を中心に見てもらったのですが、彼の中で大きかったのが相対的な面でした。

「やっぱり、iPhone独特のぬるっとした感触が快適で……。あと、前はiPhone 7 Plusを使っていたのだけど、iPhone XSは滑りづらくなってる気がした」とのことでした。

📱📱📱📱📱2008年7月、iPhone 3Gが日本で発売されました。あれから10年、BuzzFeed Japanは「iPhone日本上陸10周年」を特集します(Sponsored by SoftBank)。このコンテンツは、編集部が自由に制作しているものです。