2017年9月28日

    iPhoneに追加された「緊急SOS」が頼もしすぎるから、今すぐ設定して

    iOS 11から追加されました。

    iPhoneにこんな機能が追加されたの、知ってましたか?

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    iOS 11から新しく追加された「緊急SOS」です。

    iPhoneのスリープボタンを5回連打すると、警告音が鳴り、119や110などの緊急通報用電話番号に発信。位置情報が自動的に発信先に送られます。

    Apple

    別途、家族などの緊急連絡先を登録すると、通報後に、この連絡先へ自分の位置情報がテキストメッセージで送られます。

    普段、位置情報を切っていても、一時的に「オン」の状態になるので、特別な設定はいりません。

    自分の所在地が変わると、そのつど最新の位置情報が指定した緊急連絡先に送られます。

    設定方法は簡単。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    「設定」>「緊急SOS」>「自動通報」および「カウントダウンで音を出す」をオン

    カウントダウンをオンにすると、警告音が3回鳴ります(オフにすると無音)。

    オフィスから試してみると、警察、海上保安庁、救急車が出てきました。もちろんこれは私の位置情報に基づくものなので、海外だと通報先が変わります。

    ※国・地域によって仕様が異なり、日本では必要な選択肢をタップすると発信します。

    なお、iPhone 8 / 8 Plusは「5回連打」の他に「スリープボタン+音量ボタン長押し」でも緊急SOSモードになります。

    Apple

    夜道などで身に危険を感じた時、ポケットにいれたiPhoneで警告を出せ、通報までできるこの新機能。実はApple Watchから搭載されていました。

    Yui Kashima / BuzzFeed

    Apple Watchの場合は、サイドボタンを長押しすればOK。

    緊急時って、冷静に番号を押して電話をかけるのってなかなか難しいと思うのです。あからさまに電話するのが怖い時ってありますし。

    手軽にSOSが出せるようになったので、海外では「試し」に発信する人が続出。トロント警察は「軽い気持ちで試さないで」と警告をだしています。

    New iOS Operating System 911 feature Please DO NOT try it out~Toronto Police receiving many test calls that tie up… https://t.co/RNeQbjCuak

    身の安全を守る大切な機能。なくなってしまうと困るので、もしものときに使いましょう🙅👮

    警告音が鳴ったあと「キャンセル」を押せば、通報電話がかかる前に緊急SOSは解除されますよ。

    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form